旅行記 六本木 歴史・文化・芸術 地域情報ポータルサイト ちよせ
このサイトについて 
トップ,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 食事処,gourmet,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 宿ホテル,hotel,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 名産,meisan,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 旅行記,report,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 写真,picture,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 質問,question,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真
六本木の旅行記【歴史・文化・芸術】

六本木の旅行記
上海 ,2014冬11 中国(上海1 上海博物館)
六本木の地域
上海
六本木への旅行者
小心者
六本木の旅行時期
2014/12/01~" . 2014/12/14
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

2014冬11 中国(上海1 上海博物館)

鎮江10:51発 Z267次 で上海へ。 (新空調硬座 37.5元) 前の席のおっちゃんがひどい風邪ひきで、ずっと咳込んでいる。 マスクはもちろん手で覆うこともなく、咳を浴びせられ続ける。 自前の風邪とおっちゃんの風邪で、帰国後ダウンした。 しかし体力ないな…。 【旅程】 □12/01 関空から杭州へ  紹興泊 □12/02 紹興観光      紹興泊 □12/03 安昌古鎮      紹興泊 □12/04 紹興から杭州へ  杭州泊 □12/05 西湖観光      杭州泊 □12/06 霊隠観光      杭州泊 □12/07 杭州観光      杭州泊 □12/08 杭州から鎮江へ  鎮江泊 □12/09 鎮江観光      鎮江泊 □12/10 鎮江観光      鎮江泊 ■12/11 鎮江から上海へ  上海泊 ■12/12 上海博物館     上海泊 □12/13 新場古鎮観光   上海泊 □12/14 上海から関空へ     
六本木の写真
六本木の旅行記 上海の宿は、虹口にある『Genting Star S...
六本木の写真
六本木の旅行記 ホテルの向かい側のバス停で、夕飯を食べに行こうと虹口...
六本木の写真
六本木の旅行記 翌日。 537番バスで人民広場へやって来た。 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 目的はもちろん『佳家湯包』だ。 が、昼前という...
六本木の写真
六本木の旅行記 今日は、名古屋から2泊3日でやって来る友人と、16時...
六本木の写真
六本木の旅行記 おぉ。 何にも憶えてないけど、懐かしいなぁ。 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 以下、気になった展示物をしょぼいカメラで黙々と撮影し...
六本木の写真
六本木の旅行記 なんか企画展。
六本木の写真
六本木の旅行記 ここを再訪した目的は『仏像』と言っても過言ではない。
六本木の写真
六本木の旅行記 下部に文字が刻まれた石柱。
六本木の写真
六本木の旅行記 仏像部分
六本木の写真
六本木の旅行記 相変わらず、仏像を見ていると時間を忘れる。
六本木の写真
六本木の旅行記 誰がどういう想いで彫ったものだろうか… と、思いを...
六本木の写真
六本木の旅行記 な、なんかかわいい。
六本木の写真
六本木の旅行記 楽器が興味深い。
六本木の写真
六本木の旅行記 あぁ。 これは印象深かったので、よく覚えている。
六本木の写真
六本木の旅行記 こういう美術品を観ると、『なんでも鑑定団』のことが頭...
六本木の写真
六本木の旅行記 あら。 うちの居間に似合いそう。 ┐(´~`...
六本木の写真
六本木の旅行記 あら。 うちの書斎の椅子にそっくり。 ┐(´...
六本木の写真
六本木の旅行記 あら。
六本木の写真
六本木の旅行記 なんか企画展
六本木の写真
六本木の旅行記 ここだけ激混み。 何があるんだよぅ!
六本木の写真
六本木の旅行記 枕なのかっ!? 絶対にうなされると思う。
六本木の写真
六本木の旅行記 ギリギリ、家にあるかもしれない。
六本木の写真
六本木の旅行記 そろそろ16時に近くなったので、待ち合わせ場所のラッ...
六本木の写真
六本木の旅行記 改装中のスタバ。 …うそうそ。 豫園近くの瓦礫の...
六本木の写真
六本木の旅行記 もう二度とあの古い家並みは見ることができないんだなぁ...
六本木の写真
六本木の旅行記 夕食は『小楊生煎』で牛肉春雨麺。10元。 ...
六本木の旅行記
パリ ,初めてのパリ3泊5日夫婦旅行(2日目美術館巡り)
六本木の地域
パリ
六本木への旅行者
英語苦手
六本木の旅行時期
2014/05/15~" . 2014/05/19
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

初めてのパリ3泊5日夫婦旅行(2日目美術館巡り)

ANAの羽田発着便を利用したパリ3泊5日の個人旅行です。Hotel Prince Albert Louvreに3連泊しました。旅程は以下の通りで,市内の移動は地下鉄と徒歩,ヴェルサイユへは行きがRER,帰りがバスと地下鉄を利用しました。 1日目:シャイヨー宮,エッフェル塔,セーヌ川遊覧船 2日目:チュイルリー公園,ルーブル美術館,オランジュリー美術館,コンコルド広場,凱旋門,オルセー美術館 3日目:ノートルダム大聖堂,サントシャペル,コンシェルジュリ,中世美術館,サン・ジェルマン・デ・プレ教会,サン・シュルピス教会 4日目:ヴェルサイユ宮殿,凱旋門,シャンゼリゼ大通り
六本木の写真
六本木の旅行記 朝早く目覚めてしまったので,散歩。7時前のチュイルリ...
六本木の写真
六本木の旅行記 ルーブル美術館の周りにも人影がなく,ひっそりとしてい...
六本木の写真
六本木の旅行記 カルーゼル凱旋門は朝日がまだ上側にしか当たっていませ...
六本木の写真
六本木の旅行記 セーヌ川を通航する船もなく,穏やかな川面に映るオルセ...
六本木の写真
六本木の旅行記 朝食をどこで取るか決めていなかったので,ウロウロして...
六本木の写真
六本木の旅行記 9:00オープンに間に合うよう,ルーブル美術館に戻っ...
六本木の写真
六本木の旅行記 レオナルド・ダ・ビンチ作「岩窟の聖母」 先を行く人...
六本木の写真
六本木の旅行記 一番有名な「モナリザ」。実物を見るのは,当然初めてで...
六本木の写真
六本木の旅行記 これも有名な,「ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフ...
六本木の写真
六本木の旅行記 アポロンの間は豪華絢爛。 ルーヴル美術館が宮殿であ...
六本木の写真
六本木の旅行記 ミロのビーナス。私が行ったときは人が少なかったのです...
六本木の写真
六本木の旅行記 ジャンヌ・ダルク像 花がたくさん添えてあります。
六本木の写真
六本木の旅行記 昼間のチュイルリー公園。朝とは雰囲気が全く違います。
六本木の写真
六本木の旅行記 こちらはオランジュリー美術館側のチュイルリー公園。 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 ルーブル美術館からチュイルリー公園を抜けてオランジュ...
六本木の写真
六本木の旅行記 オランジュリー美術館の前はコンコルド広場。ここから凱...
六本木の写真
六本木の旅行記 凱旋門に行きましたが,ストで上に上がることはできませ...
六本木の写真
六本木の旅行記 凱旋門は工事中で,北半分がフェンスで囲まれていました...
六本木の写真
六本木の旅行記 凱旋門の上に上がれなかったので,明日行こうと思ってい...
六本木の写真
六本木の旅行記 オルセーからチュイルリーに渡るソルフェリーノ橋は変わ...
六本木の写真
六本木の旅行記 ソルフェリーノ橋の欄干にも鍵がたくさんかけられていま...
六本木の写真
六本木の旅行記 あり得ない組み合わせ。しかも、めちゃくちゃ高かった。
六本木の写真
六本木の旅行記 マカロンも買いました。あわせて、何とビックリの60....
六本木の写真
六本木の旅行記 朝食で使いすぎたし、歩き疲れたので、ルーブルのフード...
六本木の写真
六本木の旅行記 フードコートには、こんな看板も。
六本木の写真
六本木の旅行記 開場直前は入場口にみんな並んでいて,逆さピラミッドは...
六本木の写真
六本木の旅行記 アップにしても,きれい
六本木の写真
六本木の旅行記 本来なら,この正面に,サモトラケのニケがあるはずなの...
六本木の旅行記
高千穂・五ヶ瀬 ,阿蘇・高千穂 旅行記2 高千穂編 (旅館神仙 宿泊記, 「高千穂の夜神楽」)
六本木の地域
高千穂・五ヶ瀬
六本木への旅行者
たっくん&ゆうすけ
六本木の旅行時期
2014/12/06~" . 2014/12/07
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

阿蘇・高千穂 旅行記2 高千穂編 (旅館神仙 宿泊記, 「高千穂の夜神楽」)

旅館神仙、高千穂神社、重要無形民俗文化財「高千穂の夜神楽」、名勝・天然記念物「高千穂峡谷」などを中心とする旅行記(ブログ)。 2014年12月6日(土)、ゆうすけと、大阪(伊丹)空港から阿蘇くまもと空港に到着。レンタカーで阿蘇から宮崎県の高千穂に向かいました。この旅行記は、高千穂編です。 << 動画 >> 高千穂の夜神楽 五番「杉登」の一部 http://youtu.be/er3-rq1558c 高千穂の夜神楽 六番「地固」の一部 http://youtu.be/cQEmK90zgr4 (2014年12月6日撮影 @下川登公民館) 阿蘇編(地獄温泉 清風荘 日帰り入浴)の旅行記は、こちらからどうぞ。 http://4travel.jp/travelogue/10951859
六本木の写真
六本木の旅行記 先附  鮟肝ポン酢和え 白菜・人参・紫キャベツのミル...
六本木の写真
六本木の旅行記 吸物  蓮根豆腐 しめじ 出汁が少し薄すぎるかなと...
六本木の写真
六本木の旅行記 造里  伊勢海老 鯛 間八 あしらい一式 九...
六本木の写真
六本木の旅行記 煮物  かぶら蒸し 山葵 御品書は淡白な書き方だが...
六本木の写真
六本木の旅行記 焼物  高千穂牛ステーキ 添え野菜 自分の経...
六本木の写真
六本木の旅行記 小鉢  柿なま酢
六本木の写真
六本木の旅行記 揚物  めひかり 佐土原茄子 食事  五ヶ瀬自...
六本木の写真
六本木の旅行記 【旅館 神仙の夕食】 夕食は18時半からお願いした...
六本木の写真
六本木の旅行記 デザートは、かぼすプリン ごちそうさまでした。
六本木の写真
六本木の旅行記 【旅館 神仙の朝食】 夕食とは違い、本館ではなく、...
六本木の写真
六本木の旅行記 更に三品と果物。 (写真左上)温豆腐 (写真右上...
六本木の写真
六本木の旅行記 神楽宿に到着し、受付で三千円の初穂料(焼酎でもよい)...
六本木の写真
六本木の旅行記 六番の「地固(ぢがため)」 田作り、国作りのために...
六本木の写真
六本木の旅行記 ほしゃどんは、途中から、この帯を襷掛けにして舞う。そ...
六本木の写真
六本木の旅行記 採物(とりもの)には、それぞれ意味がある。 地...
六本木の写真
六本木の旅行記 【国指定 重要無形民俗文化財 「高千穂の夜神楽」】 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 ベッドルーム 仲居さんが和室にも布団を敷きまし...
六本木の写真
六本木の旅行記 旅館神仙「万葉」の玄関ホールから見た客室。左手が庭園...
六本木の写真
六本木の旅行記 10畳の和室 掃き出し窓の外はデッキだが、階段...
六本木の写真
六本木の旅行記 庭園側からみたリビングとベッドルーム(写真奥) ...
六本木の写真
六本木の旅行記 リビングとベッドルーム、リビングと奥の和室との間は、...
六本木の写真
六本木の旅行記 内風呂へと続く洗面所 シンクはデザイン重視で、少々...
六本木の写真
六本木の旅行記 奥の和室側からみた「万葉」の玄関方向 洗面所が...
六本木の写真
六本木の旅行記 アメニティはブルガリ 緑茶の香り~
六本木の写真
六本木の旅行記 (写真左上)浴室(内風呂)。庭園との間は開放すること...
六本木の写真
六本木の旅行記 【旅館 神仙・離れ 神呂木の庄「万葉」】 http...
六本木の写真
六本木の旅行記 (写真左上)デッキから階段を上がったところにあるトイ...
六本木の写真
六本木の旅行記 (写真左上)夜神楽から帰ると、和室には布団が敷かれて...
六本木の写真
六本木の旅行記 【国指定 名勝・天然記念物 「高千穂峡谷(五ヶ瀬川峡...
六本木の写真
六本木の旅行記 高千穂峡は、阿蘇の火山活動により五ヶ瀬川に沿って流れ...
六本木の写真
六本木の旅行記 高千穂神社拝殿 高千穂神社は国史見在社論社(こ...
六本木の写真
六本木の旅行記 【逢初(あいぞめ)天神】 今晩、夜神楽を見に行...
六本木の写真
六本木の旅行記 逢初天神でみつけた「南無阿弥陀仏」の石仏。 右...
六本木の写真
六本木の旅行記 まずここで、神様を迎える神事が行われ、神楽が奉納され...
六本木の写真
六本木の旅行記 2014年12月6日(土)、阿蘇の高森田楽保存会を正...
六本木の写真
六本木の旅行記 神楽宿でいただいた逢初天神の「彫り物(えりもの)」と...
六本木の写真
六本木の旅行記 日本の滝百選 真名井(まない)の滝 写真は10時5...
六本木の写真
六本木の旅行記 庭園とデッキと露天風呂 この庭の砂をグチャグチ...
六本木の写真
六本木の旅行記 部屋に帰ってから、ネスプレッソ・マシーンでコーヒーを...
六本木の旅行記
ダイヤモンド・ヘッド周辺 ,ハワイ旅行記3 シャングリ・ラ (ダイヤモンドヘッド地区)編
六本木の地域
ダイヤモンド・ヘッド周辺
六本木への旅行者
たっくん&ゆうすけ
六本木の旅行時期
2011/02/03~" . 2011/02/03
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

ハワイ旅行記3 シャングリ・ラ (ダイヤモンドヘッド地区)編

ハワイ旅行ブログ3 シャングリ・ラ(ダイヤモンドヘッド地区)編です。 Shangri-la(どこにもない場所、理想郷、桃源郷の意)は、ニューヨーク生まれの美貌の女相続人Doris Duke(1912~1993)が、ダイヤモンド・ヘッドの麓に築いたイスラム風の大邸宅です。ドリス・デュークはわずか12歳にして、父の莫大な遺産を相続しました。彼女は世界中を旅行する中で、とりわけイスラム文化に魅了され、傾倒していきます。そして、ここハワイに、彼女の「シャングリ・ラ」を遺したのです。 http://www.shangrilahawaii.org/ シャングリ・ラは、ダイヤモンド・ヘッド地区、パプ・サークル(Papu Circle)の高級住宅街に位置しています。ワイキキ方面から行くと、ダイヤモンドヘッドの裏手に当たる地区です。シャングリ・ラに行くためには、ホノルル美術館(Honolulu Academy of Arts)の主催するツアーに参加し、美術館が用意するヴァンに乗って出発して、必ず美術館まで戻らなければなりません。現地集合や現地解散、途中降車はできないことになっています。 悠佑と俺は、ハワイ滞在4日目に、午前11時からのツアーに参加しました。メールで予約し、クレジットカードでひとり$25支払います。ツアーは水曜日から土曜日の8:30発、11:00発、13:30発の3回で、所要時間は2時間半弱です。シャングリ・ラの館内での写真撮影はできませんが、外観の撮影は自由です。 http://www.honoluluacademy.org/385-about_shangri_la 全世界の人口の4人に1人はイスラム教徒です。イスラムを理解しようとしないということは、世界の4分の1を理解することを放棄するということだと、俺は思います。シャングリ・ラの玄関の扉に刻まれている言葉も、コーランの一節です。「心配せずに、安らかな気持ちでお入りなさい」(2011年2月3日撮影)。
六本木の写真
六本木の旅行記 ラクダは、にこやかに笑っていますが、ツアーをガイドす...
六本木の写真
六本木の旅行記 簡素で飾り気のない玄関は伝統的なイスラム建築の特徴。...
六本木の写真
六本木の旅行記 玄関の扉はエジブト若しくはシリア製。「心配せずに安ら...
六本木の写真
六本木の旅行記 ラナイの戸口を飾るモザイク・タイル。19世紀のイラン...
六本木の写真
六本木の旅行記 繊細な幾何学模様とともに、タイルでアラビア文字が書か...
六本木の写真
六本木の旅行記 モロッコ・ルームの外観を彩るタイル。さきほどの19世...
六本木の写真
六本木の旅行記 寝室(ムガール・スイート)のjalisと呼ばれる素晴...
六本木の写真
六本木の旅行記 シャングリ・ラの庭を彩るスパイダー・リリー(ヒガンバ...
六本木の写真
六本木の旅行記 シャングリ・ラからのダイヤモンド・ヘッドの素晴らしい...
六本木の写真
六本木の旅行記 プレイハウス。噴水から階段状に流れ落ちる水、そして海...
六本木の写真
六本木の旅行記 ムガール庭園。小規模ながら、パキスタンはラホールのシ...
六本木の旅行記
ニューヨーク ,メトロポリタン美術館 と  セントラルパーク散策
六本木の地域
ニューヨーク
六本木への旅行者
あの街から
六本木の旅行時期
2015/05/26~" . 2015/05/28
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

メトロポリタン美術館 と  セントラルパーク散策

ニューヨークを訪れた時に 一度は訪れる所(●´ー`●) そこが メトロポリタン美術館とセントラルパークです。 時には 滞在期間中 時として2度3度足を運ぶこともあります。 雨の日があれば、メトロポリタン美術館へ 晴天の日が続けば、セントラルパーク。 今回は連日晴天続きでしたから メトロポリタン美術館は1度きり(;´ェ`) となりましたが、変わってセントラルパークは 2度3度と歩いてみました。
六本木の写真
六本木の旅行記 エセックス・ハウスの南側に 超高層ビルが出来たのだ...
六本木の写真
六本木の旅行記 それほど大きさはありませんが 日溜まりの雰囲気が良...
六本木の写真
六本木の旅行記 今回は 紙に入場券からシールを はがし洋服の襟元...
六本木の写真
六本木の旅行記 前回訪れた時までは アルミ板のようなバッチが 入...
六本木の写真
六本木の旅行記 そうして 「あの街から」が セントラルパーク内で...
六本木の写真
六本木の旅行記 セントラルパーク・シープメドウ ☆土曜・日曜日...
六本木の写真
六本木の旅行記 芝生でおおわれた大きな広場を 取り囲む様に摩天楼が
六本木の写真
六本木の旅行記 マンハッタンの中でも 超が幾つも付きそうな セン...
六本木の写真
六本木の旅行記 セントラルパーク・サウス方向に 高層ビルがニョキニ...
六本木の写真
六本木の旅行記 セントラルパーク・サウス方向に 高層ビルがニョキニ...
六本木の写真
六本木の旅行記 セントラルパークから眺めた エセックス・ハウスが様...
六本木の写真
六本木の旅行記 この数年で セントラルパーク・サウス方向に 高層...
六本木の写真
六本木の旅行記 セントラルパークから眺めた エセックス・ハウスが様...
六本木の写真
六本木の旅行記 「眠る女」 フェルメール 1632年~75年 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 フェルメール「水差しを持つ女」 油彩 カンヴァス ...
六本木の写真
六本木の旅行記 何故か心に残る 好きな作品の一つです。 (●´ー...
六本木の写真
六本木の旅行記 「グランド・ジャット島の日曜日の午後のための習作」 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 「糸杉」 ゴッホ 1853年~90年 油彩 カンヴ...
六本木の写真
六本木の旅行記 「グリザイユのオダリスク」 アングル 同じモチーフ...
六本木の写真
六本木の旅行記 「舟遊び」 マネ 1832年~83年  97.1×...
六本木の写真
六本木の旅行記 「サンタドレスのテラス」  モネ 1840年~192...
六本木の写真
六本木の旅行記 ルーフガーデンへ行ってみましょう。 来る度にエレベ...
六本木の写真
六本木の旅行記 そこはまさに別天地! 新緑の海に覆われたセントラル...
六本木の写真
六本木の旅行記 新緑の海に覆われたセントラルパーク その向こうには...
六本木の写真
六本木の旅行記 新緑も 夏の濃い緑も 紅葉も 雪景色も 素晴らし...
六本木の写真
六本木の旅行記 新緑の海に覆われたセントラルパーク その向こうには...
六本木の写真
六本木の旅行記 こちらはセントラルパーク・サウス側 逆光ですね。 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 ぐるりとセントラルパークを一望 することができます...
六本木の写真
六本木の旅行記 東洋・西洋 世界中の陶磁器やガラス等の 器が展示...
六本木の写真
六本木の旅行記 空間造りもゆったり。 ここにも「ピエタ」像が
六本木の写真
六本木の旅行記 なんと贅沢な フェルメールもゴッホも ルノアール...
六本木の写真
六本木の旅行記 美術館のこの空間が なんとも言えず好きです。 (...
六本木の写真
六本木の旅行記 セントラルパークへは モーニングサイド・ハイツに ...
六本木の写真
六本木の旅行記 初夏のセントラルパークは 新緑が美しく通り抜けてゆ...
六本木の写真
六本木の旅行記 NYの初夏は 湿気がほとんど無いので カラリとし...
六本木の写真
六本木の旅行記 木陰もいいですね。
六本木の写真
六本木の旅行記 チープな値段とはいえ 額に入れる様な厚紙で ふち...
六本木の写真
六本木の旅行記 ここがアッパー・イースト・サイド にある正面玄関。...
六本木の写真
六本木の旅行記 アッパー・ウエスト・サイドで 朝食を食べに出かけた...
六本木の写真
六本木の旅行記 セントラルパーク ヽ( ̄▽ ̄)ノ 内のカフェテラス...
六本木の写真
六本木の旅行記 ルーフガーデンへ行こうと エレベータ又は階段を探し...
六本木の写真
六本木の旅行記 ゴーガン「シエスタ」
六本木の写真
六本木の旅行記 ゴーガン「ふたりの女たち」
六本木の写真
六本木の旅行記 少し前まで画集といえば大型でがっしりとして重いもの ...
六本木の写真
六本木の旅行記 そうして気に入りの作品を ゆっくりと観た後 その...
六本木の写真
六本木の旅行記 美術館のこの空間が なんとも言えず好きです。 (...
六本木の写真
六本木の旅行記 「村の娘たち」 クールベ 1819年~77年 油彩...
六本木の写真
六本木の旅行記 そろそろ時間が押してきましたぁ。(;´ェ`) なご...
六本木の写真
六本木の旅行記 ドガは 踊り子たちの舞台裏をありのままに描いた。(...
六本木の写真
六本木の旅行記 ドガは、 印象派の多くの画家たちとくらべれば、 銀...
六本木の写真
六本木の旅行記 ドガは 踊り子たちの舞台裏をありのままに描いた。(...
六本木の写真
六本木の旅行記 わたしは、このところは いつも真っすぐに 「19...
六本木の写真
六本木の旅行記 その様にでかい展示室ですから 事前に見たい作品を優...
六本木の写真
六本木の旅行記 「ジーヌ夫人」(アルルの女) ゴッホ  油彩 カン...
六本木の写真
六本木の旅行記 「ダンス教室」 ドガは、当時オペラ座の「小さな...
六本木の写真
六本木の旅行記 残された時間で( ̄ー ̄) やはり、気に入りの陶磁器...
六本木の写真
六本木の旅行記 早速中に入りましょう。 入口で「大きな手荷物は預け...
六本木の写真
六本木の旅行記 アッパーウエスト・サイド
六本木の写真
六本木の旅行記 他を圧倒するような存在感のある 建物は、自然史博物...
六本木の写真
六本木の旅行記 この空間は「ヨーロッパ彫刻」の 展示コーナー兼 一...
六本木の写真
六本木の旅行記 「ウゴリーノと息子たち」  ジャン・バティスト・カ...
六本木の写真
六本木の旅行記 ロダンの「カレーの市民」 上野で観たよ。と言う方も...
六本木の写真
六本木の旅行記 1階の広い空間を使った展示室 大きなガラス越しに新...
六本木の写真
六本木の旅行記 メットの向かい側は アッパー・イースト・サイドの ...
六本木の写真
六本木の旅行記 歩道に露店の店が並んでいて 散策も楽しいものです。...
六本木の写真
六本木の旅行記 セントラルパーク側の出店を のぞきながら歩いている...
六本木の写真
六本木の旅行記 「バーで練習する踊り子たち」 ドガ 1834年~19...
六本木の写真
六本木の旅行記 模型のヨットが涼しそうに 浮かんでいました。
六本木の写真
六本木の旅行記 アリス・イン・ワンダーランド
六本木の写真
六本木の旅行記 さ~て ♪♪ ヽ(´ー`)ノ ♪♪ 続いては「メ...
六本木の写真
六本木の旅行記 メットの前にも ずらりと出店が並んでいますが 主...
六本木の写真
六本木の旅行記 「麦わら帽子の自画像」 油彩 カンヴァス 40.6...
六本木の写真
六本木の旅行記 「イア・オラナ・マリア」 ゴーガン 1848年~19...
六本木の写真
六本木の旅行記 そろそろ時間が押してきましたぁ。(;´ェ`) なご...
六本木の写真
六本木の旅行記 玄関のフロアーがいくら 混雑していても階段を上がっ...
六本木の写真
六本木の旅行記 人の波は途切れること無く 続いています。 そろそ...
六本木の写真
六本木の旅行記 ほんと世界中で 発掘された品々が展示されています。...
六本木の写真
六本木の旅行記 セントラルパークサウスから 5Th~8Th辺りに抜...
六本木の写真
六本木の旅行記 この画像も前回訪れた時の セントラルパーク・シープ...
六本木の写真
六本木の旅行記 前回訪れた時の セントラルパーク・シープメドウの画...
六本木の写真
六本木の旅行記 ゴッホの絵で 「あの街から的」には 夜のカフェテ...
六本木の写真
六本木の旅行記 武器・鎧兜(よろい・かぶと)の コーナーは足早に通...
六本木の写真
六本木の旅行記 今回の特別展は 「CHINA展」の開催中でしたが割...
六本木の写真
六本木の旅行記 ルーフガーデンには 簡単な飲食の販売コーナー ベ...
六本木の写真
六本木の旅行記 正面のインフォメーションに 日本語の館内案内図の入...
六本木の旅行記
ベルリン ,旅空 BERLIN ? 絵画館で<フェルメール>の2作品を鑑賞
六本木の地域
ベルリン
六本木への旅行者
あの街から
六本木の旅行時期
2013/08/28~" . 2013/08/28
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

旅空 BERLIN ? 絵画館で<フェルメール>の2作品を鑑賞

ベルリンは、2002年以来2度目の私と初めての家人。 ベルリンの日程作りの際、優先順位として ☆「ペルガモン博物館」 ☆「絵画館」で、フェルメールの絵画2作品を鑑賞。 ☆「ブランディンブルグ門」 ☆「カイザー・ヴィルヘルム記念教会」のステンドグラス ☆「連邦議会議事堂」 以上のことと街歩き。と予定を組んで訪れました。 その結果として前回訪れた「ベルリンの壁」等は時間切れとなり 外れてしまったけどベルリンでの持ち時間をフルに使って ここと・ここはと予定したところは概ね見て回ることができ満足 でした。 この旅行記では主に絵画館をご一緒しましょう。
六本木の写真
六本木の旅行記 カナレット作(ヴェネチア) <リアルト橋を遠方にのぞ...
六本木の写真
六本木の旅行記 作者不詳 <本のある静物> スペイン 17世紀中頃
六本木の写真
六本木の旅行記 ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ作 美術...
六本木の写真
六本木の旅行記 ヤン・ステーン作 <大人が歌えば子供が笛を吹く> ...
六本木の写真
六本木の旅行記 <ぶどう酒のグラス> 美術書によっては <ワインのグ...
六本木の写真
六本木の旅行記 アントニオ・ヴィヴァリーニ作 〈東方三博士の礼拝〉 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 ここ「絵画館」は 新ナショナルギャラリーとフィルハー...
六本木の写真
六本木の旅行記 展示室の順路に従って観て歩こう。 配列は先ず 宗教画...
六本木の写真
六本木の旅行記 ジョヴァンニ・バリオーネ作 こちらも美術書によって ...
六本木の写真
六本木の旅行記 カナレット作(ヴェネチア) <リアルト広場>
六本木の写真
六本木の旅行記 ブランディンブルグ門からエーバート通りを 南に500...
六本木の写真
六本木の旅行記 <最後の晩餐> ロレンツォ・モナコ作 フィレンツェの...
六本木の写真
六本木の旅行記 サー・トマス・ローレンス作 <アンガースタイン家の子...
六本木の写真
六本木の旅行記 〈ケルン派 キリストの生涯〉 35場面の祭壇画 1...
六本木の写真
六本木の旅行記 フェルメールの <真珠の首飾りの女> <ぶどう酒のグ...
六本木の写真
六本木の旅行記 フェルメール<真珠の首飾りの女> 油彩・カンバス 5...
六本木の写真
六本木の旅行記 解説されていたこの作品は ヤン・ミーンセ・モレナール...
六本木の写真
六本木の旅行記 オランダの画家 ヘンドリック・テル・ブリュッヘン 1...
六本木の写真
六本木の旅行記 フェルメールの <真珠の首飾りの女> <ぶどう酒のグ...
六本木の写真
六本木の旅行記 トーマス・デ・ケイセル(アムステルダム)作 <貴婦人...
六本木の写真
六本木の旅行記 ピーテル・パウル・ルーベンス作 <聖セバスティアヌス...
六本木の写真
六本木の旅行記 1456年の画家 ケルン派 1450年~60年頃 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 レンブラント作  <裕福な男のたとえ> 自らも裕福...
六本木の写真
六本木の旅行記 きらびやかな色彩の宗教画 クリスマスシーズンというこ...
六本木の写真
六本木の旅行記 と言うかここもフランクフルトの 「シュテーデル美術館...
六本木の写真
六本木の旅行記 絵画館を出て ベルリンの青空の下で 思いっ切り深呼吸...
六本木の写真
六本木の旅行記 ガラス張りの「ベルリン中央駅舎」 かっこいいなぁ。と...
六本木の写真
六本木の旅行記 沢山のテナントが並んでいる 各フロアーはガラス張りの...
六本木の写真
六本木の旅行記 ドイツの旅は、まだまだ始まったばかり。 ベルリン中央...
六本木の写真
六本木の旅行記 ヴェネチアの画家 チーマ・ダ・コネリアーノ作 <アニ...
六本木の写真
六本木の旅行記 ヴェネチアの画家 ヴィットーレ・カルパッチオ作 <聖...
六本木の写真
六本木の旅行記 バルトロメ・エステバン・ムリリョ作 スペイン <キリ...
六本木の写真
六本木の旅行記 この日は、開館と同時に「ペルガモン博物館」 を観そこ...
六本木の写真
六本木の旅行記 サロモン・ヤーコプスゾーン・ ファン・ライスダール作...
六本木の写真
六本木の旅行記 ☆「ミュージアムパス」24ユーロを 買っておいたので...
六本木の写真
六本木の旅行記 絵画館の展示室はゆったりとしている とお伝えしました...
六本木の写真
六本木の旅行記 絵画館の前からタクシーで ホテルに戻って鞄を引き取っ...
六本木の旅行記
フランクフルト ,ドイツの旅はここから始まった!?  Museumsuferfest(博物館河岸祭り)&フェルメールを独り占め
六本木の地域
フランクフルト
六本木への旅行者
あの街から
六本木の旅行時期
2013/08/25~" . 2013/08/27
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

ドイツの旅はここから始まった!?  Museumsuferfest(博物館河岸祭り)&フェルメールを独り占め

今年(2013年)の夏旅はこの街から始まった。 4Tを始めてから皆さんの旅行記を拝見して 行ってみたい街や村・山や海が日々増殖。 しかし、現実はそうそう、あちらもこちらも 出かけて行くことは至難の技。 と、すれば1年1?2度の長距離旅行は 抽き出しに仕舞って 夢に描いていた  沢山ある候補地の中から最終選考(笑)し 今年 残ったのが「ドイツ」でした。 北の街を鉄道で 南の街をレンタカーて回る。 そんな計画を立てたのが正月休み明け。 結果 どの街でも、どの村でも見たい所が 溢れんばかりいっぱいの日程表が出来てしまいました。 さぁて! 消化率は?
六本木の写真
六本木の旅行記 ルノアールは人気画家に1人ですが 彼は多作でしたから...
六本木の写真
六本木の旅行記 西洋の美術館では 避けて通れない宗教画がありますが ...
六本木の写真
六本木の旅行記 マイン川ではボートレースが
六本木の写真
六本木の旅行記 とうとうやって来たフランクフルト ここが、「ドイツ」...
六本木の写真
六本木の旅行記 途中ソーセージを焼いている 香ばしい匂いにフラフラ!...
六本木の写真
六本木の旅行記 この時間はまだレースというよりは パレードっぽい。
六本木の写真
六本木の旅行記 ボートレースに やんやの声援が飛んでいました。
六本木の写真
六本木の旅行記 「アルテ・オペラ」(Alte Oper) パリのオペ...
六本木の写真
六本木の旅行記 早速、評判のワインを所望! 各種ドイツワインが貯蔵庫...
六本木の写真
六本木の旅行記 お客さまも時間とともに やがて満席に。
六本木の写真
六本木の旅行記 トランジットでドバイにも行けると 飛び乗ったエティハ...
六本木の写真
六本木の旅行記 「アルテ・オペラ」(Alte Oper) クラッシッ...
六本木の写真
六本木の旅行記 フランクフルト空港から フランクフルトHbf(中央駅...
六本木の写真
六本木の旅行記 <資料画像> 現在、現存が確認されている フェルメー...
六本木の写真
六本木の旅行記 時間通りにフランクフルト空港に到着。 駅前のホテル...
六本木の写真
六本木の旅行記 誰ぁ~れもいません。 美術館の係員の人さえ。 【地...
六本木の写真
六本木の旅行記 眩いばかりの色彩で 区切られた展示室 「シュテーデ...
六本木の写真
六本木の旅行記 「シュテーデル美術館」の案内図 と入場チケットの変わ...
六本木の写真
六本木の旅行記 【シュテーデル美術館】 フランクフルトの銀行家 ヨハ...
六本木の写真
六本木の旅行記 持参した自家製の日程表には それぞれの街で何処へ行く...
六本木の写真
六本木の旅行記 Museumsuferfest(博物館河岸祭り)を開...
六本木の写真
六本木の旅行記 満ち足りた気持ちで 美術館を出てきたら 空模様が少し...
六本木の写真
六本木の旅行記 今度は先程とは反対側 「シュテーデル美術館」側の 川...
六本木の写真
六本木の旅行記 フランクフルト中央駅に着いたのが 20:51分ころ ...
六本木の写真
六本木の旅行記 【Museumsuferfest(博物館河岸祭り】 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 女子のロックバンドを橋の上から眺め
六本木の写真
六本木の旅行記 正面玄関から階段を上がって 展示室に向かいます。 ワ...
六本木の写真
六本木の旅行記 今日は観光客はみんな Museumsuferfest...
六本木の写真
六本木の旅行記 雨がぽつぽつ。 でも人々の熱気はすごいものがあります...
六本木の写真
六本木の旅行記 美術館へ行く楽しみには 絵画の鑑賞はもちろんのこと ...
六本木の写真
六本木の旅行記 その中から 何種類かのキノコとブロッコリー を煮込ん...
六本木の写真
六本木の旅行記 ♪♪♪ み~んなで踊ってる。 パラパラかマカレナの...
六本木の写真
六本木の旅行記 天井から自然光を取り入れた 柔らかな光 ゆったりとし...
六本木の写真
六本木の旅行記 フランクフルトでのディナーは 「Vinum(ヴィーヌ...
六本木の写真
六本木の旅行記 ワインは リースリング モーゼル 白辛 ピノ ブラ...
六本木の写真
六本木の旅行記 街歩きを楽しみながら 次はレーマー広場へ向かいます。...
六本木の写真
六本木の旅行記 帰りは、このようなオープンエアの レストランが並んだ...
六本木の写真
六本木の旅行記 ピカソ「女の顔」
六本木の旅行記
ニューヨーク ,2年ぶりのニューヨーク  アートな街を堪能6:MoMAなど
六本木の地域
ニューヨーク
六本木への旅行者
はんけん
六本木の旅行時期
2007/09/06~" . 2007/09/06
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

2年ぶりのニューヨーク アートな街を堪能6:MoMAなど

この日は満を持して(?)、ニューヨークでの最大の楽しみMoMA(近代美術館)へ。 開館まで、ラジオシティミュージックホール、セントパトリック教会、ロックフェラーセンターなどをブラブラと。 そして、MoMAへ。ゴッホ、ピカソ、マチス、シャガールなどなど、これでもかっ!という素晴らしい作品群を堪能しました。昼食に立ち寄ったカフェも素晴らしい。 その後、以前から乗りたかったけど機会がなかったトラムウェイに乗ってルーズベルト島へ。夜は「ライオンキング」を鑑賞とこの日も充実した一日でした。 初日からご覧になりたい方は、こちらをどうぞ http://4travel.jp/traveler/hanken/album/10503042/
六本木の写真
六本木の旅行記 MoMAの開館(10:30)にはまだ早いのでブラブラ...
六本木の写真
六本木の旅行記 全米最大のカトリック教会「セントパトリック教会」 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 中はこんな感じ
六本木の写真
六本木の旅行記 ステンドグラスも綺麗です
六本木の写真
六本木の旅行記 ロックフェラーセンター。冬はスケートリンクとしても有...
六本木の写真
六本木の旅行記 この年5月、映画「スターウォーズ」公開30周年を記念...
六本木の写真
六本木の旅行記 ポストって、いざ出そうという時に、「はて、どこにあっ...
六本木の写真
六本木の旅行記 ニューヨークに行ったなら絶対外せないですね。MoMA...
六本木の写真
六本木の旅行記 前回(2年前)は、新装オープン直後だったこともあり、...
六本木の写真
六本木の旅行記 セザンヌ
六本木の写真
六本木の旅行記 ルソー
六本木の写真
六本木の旅行記 ロートレック
六本木の写真
六本木の旅行記 ゴッホ
六本木の写真
六本木の旅行記 展示室の風景 これでもか!と揃う怒涛の名画を、かな...
六本木の写真
六本木の旅行記 ピカソ
六本木の写真
六本木の旅行記 ピカソ
六本木の写真
六本木の旅行記 シャガール
六本木の写真
六本木の旅行記 マチス
六本木の写真
六本木の旅行記 キリコ
六本木の写真
六本木の旅行記 モネ
六本木の写真
六本木の旅行記 ミロ
六本木の写真
六本木の旅行記 ダリ「記憶の固執」は、残念ながら不在でした。どこかに...
六本木の写真
六本木の旅行記 海外の美術館のカフェって、「割とフツーなものをちょっ...
六本木の写真
六本木の旅行記 こんなカウンター席も
六本木の写真
六本木の旅行記 美しくて美味しい。フランスに来たような感じ。なので時...
六本木の写真
六本木の旅行記 昼食後、中庭をブラブラと
六本木の写真
六本木の旅行記 中庭を上からみるとこんな感じ
六本木の写真
六本木の旅行記 現代アートのフロアで、鑑賞再開。
六本木の写真
六本木の旅行記 真打登場 って感じ。やはり、ウォーホルですね。圧巻。
六本木の写真
六本木の旅行記 「ゴールデン・モンロー」
六本木の写真
六本木の旅行記 マチスの「ダンス」はどこにあるのだ!?と必死に探して...
六本木の写真
六本木の旅行記 でもこれがなぜ名画なのか?素人には分かりかねます。
六本木の写真
六本木の旅行記 MoMAにはこんなものも展示されてます。 機能的...
六本木の写真
六本木の旅行記 こういうのを見ているのも楽しいんですよね。
六本木の写真
六本木の旅行記 日本人の作品(?)もあります
六本木の写真
六本木の旅行記 これもアートなんですねぇ
六本木の写真
六本木の旅行記 おぉ、フェラーリ641(もしくは641/2) カー...
六本木の写真
六本木の旅行記 再度カフェへ。3時のおやつです。ワインと締めて27ド...
六本木の写真
六本木の旅行記 5番街にある有名なおもちゃ屋、FAOシュワルツ。中は...
六本木の写真
六本木の旅行記 向かいにはプラザホテル 映画「北北西に進路を取れ」で...
六本木の写真
六本木の旅行記 FAOシュワルツは、映画「ビッグ」でトム・ハンクスと...
六本木の写真
六本木の旅行記 しっかり便乗商品もあり、"BIG PIANO"。 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 次にヤンキースのオフィシャルグッズショップへ。
六本木の写真
六本木の旅行記 この年に移籍した、井川投手のグッズもありました。
六本木の写真
六本木の旅行記 一度、乗ってみたかったトラムウェイでルーズベルト島へ...
六本木の写真
六本木の旅行記 かなり景色良いです。
六本木の写真
六本木の旅行記 島自体は、特別な見所は無く、地下鉄でマンハッタンへ戻...
六本木の写真
六本木の旅行記 高級デパート「ブルーミングデールズ」 映画「スプラ...
六本木の写真
六本木の旅行記 タイムズスクエアへ
六本木の写真
六本木の旅行記 かなり堪能して、この日の締めは「ライオンキング」
六本木の写真
六本木の旅行記 明日は、いよいよ最終日です。 2年ぶりのニューヨー...
六本木の旅行記
ヴヴェイ ,10月15日(1940年) 映画「独裁者」公開(砂布巾のLW 第4章その6) 
六本木の地域
ヴヴェイ
六本木への旅行者
砂布巾
六本木の旅行時期
2014/07/18~" . 2018/10/14
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

10月15日(1940年) 映画「独裁者」公開(砂布巾のLW 第4章その6) 

1940年10月15日 もう1人の心優しき「独裁者」?チャップリン(映画、スイス)  ヒトラーが生まれる4日前にロンドンの下町で生まれたチャップリン。2人が50歳を迎えた年の新聞に、次のような記事が載った。  「50年前の今週、チャールズ・チャップリンとアドルフ・ヒトラーがわずか4日の違いでこの世に生を受けたとき、神はひどく皮肉な気分だったようである……2人は、それぞれ自分なりのやり方で、社会の底辺で押しつぶされてもがいている大勢の人々の考えや気持ち、望みを代弁してきた。誕生日が相前後していることといい、そっくり同じ小さな口ひげをたくわえていることといい(ミスターチャップリンのほうはつけひげであるが)、2人は生まれながらにして、その天才の共通の原点を表出する運命にあったのかもしれない。なぜなら彼らがともに天才であることは否定できない事実だからである(以下略)」。(ディビッド・ロビンソン著「チャップリン 下」文藝春秋社から)  芸術家と元芸術家志望の男2人が対決する日がやって来た。ここではチャップリンが「笑いものにしてやらなければならないのだ」(中野好夫訳「自伝」より)と語ったヒトラーとの対決を振り返ってみたい。 (このページを訪問してくださった方へ)  ご訪問有難うございます。  もし読者の方が根本的間違い、編集の際に発生したと思われる不整合、文法上の誤りなどを発見されたり、何か目新しい情報をお持ちの方、ご意見がおありの場合は、ご遠慮なく掲示板でもメールでも、ご一報くだされば幸いです。  心からの感謝を込めて                          砂布巾
六本木の写真
六本木の旅行記 チャップリン公園もあったので、行ってみた。晩年を過ご...
六本木の写真
六本木の旅行記  2003年1月24日にNHKでスイス時代のチャップ...
六本木の写真
六本木の旅行記  戦後になると、チャップリンは「共産主義者」の嫌疑を...
六本木の写真
六本木の旅行記  他人の幸福を念願として、お互いに憎み合ったりしては...
六本木の写真
六本木の旅行記  映画「独裁者」のあらすじを、家長知史著「映画で学ぶ...
六本木の写真
六本木の旅行記  兵士諸君。犠牲になるな。独裁者の奴隷になるな! 彼...
六本木の写真
六本木の旅行記 *最初はユダヤ人と親衛隊がダンスを踊る構想だったとい...
六本木の写真
六本木の旅行記  ヴヴェイのレマン湖畔にはチャップリンの銅像があり、
六本木の写真
六本木の旅行記  少し時代を遡るが、チャップリンが1932年に来日し...
六本木の旅行記
上野・御徒町 ,「よみがえる江戸城?江戸東京 上野編?」シアター上演
六本木の地域
上野・御徒町
六本木への旅行者
ドクターキムル
六本木の旅行時期
2015/05/15~" . 2015/05/15
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

「よみがえる江戸城?江戸東京 上野編?」シアター上演

 上野の東京国立博物館(東博)・東洋館の地下1階(B1F)にはTNM & TOPPANミュージアムシアターがある。4時間半も並んで特別展「鳥獣戯画」(前期)を見た後、遅い昼食を摂り、気分転換に上映中の「よみがえる江戸城?江戸東京 上野編?」(4月29日?7月5日)を見ることにした。東洋館前の階段を下りて地下1階(B1F)に向かった。  江戸城とその鬼門に当たる上野には寛永年代に寛永寺が建てられたが、それ以前は伊賀上野藩主:藤堂高虎(22万石)、越後村上藩主:堀直寄(10万石)、津軽藩主:津軽信枚(4万7千石)の大名屋敷があった。「浅草の浅草寺」、「上野の寛永寺」と呼ばれるがその上野の地名さえ近世になって付けられ、伊賀上野に因むものである。  上野ではボードワン博士像(http://4travel.jp/travelogue/10979658)、上野大仏(http://4travel.jp/travelogue/10661462)、清水観音堂(http://4travel.jp/travelogue/10854682)、上野松坂屋が紹介された。  「上野大仏は越後村上藩主、堀直寄が建立し、現在は合格祈願の名所になっている。」と紹介された。寛永8年(1631年)に越後村上藩主、堀直寄が戦死者慰霊のため、屋敷内のこの丘(大仏山)の上に漆喰の釈迦如来坐像を建立した。しかし、正保4年(1647年)の地震で倒壊してしまった。その後、明暦・万治年間(1655年?1661年)に青銅製の像高約6mの釈迦如来坐像が建立され、元禄11年(1698年)には大仏を覆う立派な大仏殿も建立された。  その後も地震や火事のたびに修復を繰り返してきたが、関東大震災では頚部が崩れ、仏体から仏頭が落ちてしまった。 修復費用が思うように集まらず、仏顔だけが長く寛永寺に保存されていた。残った仏体は、戦時中に供出されてしまった。現在ではもうこれ以上は落ちないということで合格祈願の名所になっているという。  新潟県村上市の郷土資料館(おしゃぎり会館)(http://4travel.jp/travelogue/10950490)には歴代城主の展示コーナー(http://4travel.jp/travelogue/10950497)があるが、こうした上野大仏などの紹介はなかった。  何もない地方の城下町で紹介されないことが何でもある東京で紹介される、そんな可笑しなことを経験した。 (表紙写真は「よみがえる江戸城?江戸東京 上野編?」のポスター)
六本木の写真
六本木の旅行記 「よみがえる江戸城?江戸東京 上野編?」のポスター。
六本木の写真
六本木の旅行記 「よみがえる江戸城-江戸東京 上野編-」のポストカー...
六本木の旅行記
サンパウロ ,日曜日のサンパウロは、ここに来るべし。郊外にある芸術の村:エンブー!〔Embu das Artes/サンパウロ/ブラジル〕
六本木の地域
サンパウロ
六本木への旅行者
コタ(Kota)1号
六本木の旅行時期
2013/05/05~" . 2013/05/05
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

日曜日のサンパウロは、ここに来るべし。郊外にある芸術の村:エンブー!〔Embu das Artes/サンパウロ/ブラジル〕

サンパウロ中心から車で40分ぐらいのところにEnbu(エンブー)という芸術村があります。日曜日になるとたくさんのお店が出ます。 まあ、芸術村と言いましても、色々な国 特にヨーロッパなどで本物の芸術を味わった事のある方に取りましては、ただ家具や屋台が出ているだけの場所ですが....。 なんせブラジルは、日曜日は殆どの店が閉まっていますので、行くところがないブラジル人やら旅行者が沢山 集まる場所となっています。
六本木の写真
六本木の旅行記 サンパウロは日系の方がたくさんいます。
六本木の写真
六本木の旅行記 【Embu das Artes】 鳥の羽芸術......
六本木の写真
六本木の旅行記 【Embu das Artes】 たわしっぽいけど...
六本木の写真
六本木の旅行記 【Embu das Artes】
六本木の写真
六本木の旅行記 【Embu das Artes】
六本木の写真
六本木の旅行記 【Embu das Artes】
六本木の写真
六本木の旅行記 【Embu das Artes】 日系の方のお店も...
六本木の写真
六本木の旅行記 エンブーは平日も店は開いていますが、お店が出て人がた...
六本木の写真
六本木の旅行記 街中が綺麗に彩られています。
六本木の写真
六本木の旅行記 喉が渇いたら椰子の実ジュースをよく飲みます。 アグ...
六本木の写真
六本木の旅行記 日本語もあります。
六本木の写真
六本木の旅行記 シュハスコ(焼肉)と男気という文字! 渋すぎで...
六本木の写真
六本木の旅行記 レストランやカフェもお洒落なお店が何店もあります。 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 【Embu das Artes】 小さな町の一角だ...
六本木の写真
六本木の旅行記 お店の名前は その名も「折り紙」....。
六本木の写真
六本木の旅行記 マリーンブルーと白のみを基調とした家具屋さんです。 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 【Embu das Artes】 ブラジルは、自国...
六本木の写真
六本木の旅行記 昨年、世界クラブ選手権(トヨタカップ)で世界一位にな...
六本木の写真
六本木の旅行記 何故か...石川ナンバーが売られています....。 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 芸術村の中は、壁に書かれている落書きも何故か芸術的で...
六本木の写真
六本木の旅行記 ブラジル人が大好きなイチゴのチョコレート漬けです。 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 ピーナツ或いはナッツをギットギトに砂糖漬けにして売っ...
六本木の写真
六本木の旅行記 芸術村では、電柱までお洒落です。
六本木の写真
六本木の旅行記 日本のキャラクターもちらほら..。ち..ちびまる子....
六本木の写真
六本木の旅行記 【Embu das Artes】
六本木の写真
六本木の旅行記 何故か...ガチャガチャが.....。 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 ちょっと疲れたので、喫茶店で一服。 中に入ってみま...
六本木の写真
六本木の旅行記 【Embu das Artes】
六本木の写真
六本木の旅行記 【Embu das Artes】
六本木の写真
六本木の旅行記 老女とパステルカラー。 この色合いと…おばあち...
六本木の写真
六本木の旅行記 お店(格子)の中から、黒人の女の子が覗いていました。
六本木の写真
六本木の旅行記 【Embu das Artes】 アフリカン移民ア...
六本木の旅行記
天安 ,10月12日(1920・大正9年) 三・一独立運動参加の柳寛順、獄中死(砂布巾のLW 第1章その2)
六本木の地域
天安
六本木への旅行者
砂布巾
六本木の旅行時期
2014/08/23~" . 2018/10/12
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

10月12日(1920・大正9年) 三・一独立運動参加の柳寛順、獄中死(砂布巾のLW 第1章その2)

三・一運動と柳寛順(人物、韓国) (このページを訪問してくださった方へ)  ご訪問有難うございます。 もし読者の方が根本的間違い、編集の際に発生したと思われる不整合、文法上の誤りなどを発見されたり、何か目新しい情報をお持ちの方、ご意見がおありの場合は、ご遠慮なく掲示板でもメールでも、ご一報くだされば幸いです。  心からの感謝を込めて                          砂布巾
六本木の写真
六本木の旅行記  柳寛順(ユ ガンスン)は、1902年11月17に水...
六本木の写真
六本木の旅行記 *生家近くにあった彼女を顕彰する施設
六本木の写真
六本木の旅行記  3月中旬故郷に帰った彼女は、有力者の家を回り、独立...
六本木の写真
六本木の旅行記 *西大門刑務所にある展示
六本木の写真
六本木の旅行記  
六本木の写真
六本木の旅行記 *場所を教えてくれた寛順の後輩
六本木の写真
六本木の旅行記 *独房に関する説明文
六本木の写真
六本木の旅行記  広島発着のアシアナ航空を利用した2004年の韓国旅...
六本木の写真
六本木の旅行記 *母校の現梨花女子高校
六本木の写真
六本木の旅行記 *パゴダ公園の独立宣言文
六本木の写真
六本木の旅行記 *独立記念館にある再現された獄中の様子  独立記念...
六本木の写真
六本木の旅行記 *パゴダ公園にある彼女のレリーフ
六本木の写真
六本木の旅行記  早乙女勝元編「母と子でみる 柳寛順の青い空」(草の...
六本木の写真
六本木の旅行記 *柳の取り調べ調書?  天安警察本部、公州検事局を...
六本木の写真
六本木の旅行記  「民族自決」に独立を信じた日本統治下の朝鮮では、標...
六本木の写真
六本木の旅行記  キム・ワンソプ氏の「親日派のための弁明2」(扶桑社...
六本木の旅行記
富士 ,東海道本線歴史的痕跡探訪記 ?沼津-富士間編 明治頌歌?
六本木の地域
富士
六本木への旅行者
横浜臨海公園
六本木の旅行時期
2012/05/14~" . 2012/05/14
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

東海道本線歴史的痕跡探訪記 ?沼津-富士間編 明治頌歌?

國府津-静岡間は明治22年(1889年)2月1日開通である。 然るに、沼津-富士間路線設定に対しては意外にも困難を極め、設置決定に至るまで紆余曲折が存在した史実は意外と知られていない。 即ち、諸問題点として、 1)現在の東田子の浦-吉原間に於ける浮島沼の存在、及び、通過地点設定。 2)富士川渡河架橋地点の確定。 の2点である。 現在の東田子の浦駅裏側付近に存在した浮島沼(うきしまぬま)は、富士山の扇状地の1ヶ所で,地盤が泥炭軟弱にして表面が浮地状態の大沢沼地帯であり、河川氾濫源の原型とも称するべき存在であった。 古くは、鎌倉時代に、源 頼朝(みなもとの よりとも)(久安4年(1147年)5月9日?建久10年(1198年)2月9日)が主宰した富士の巻狩りの際に、父の無念を晴らすべく曽我兄弟仇討(建久4年(1193年)6月28日)の舞台ともなった現場であり、明治初期ですら度々逸水氾濫が発生した厄介な地域であった。 此の様な軟弱地帯に重量物たる鉄道車輌を、安全、且つ、大量に通過可能せしめる為に、何処に路線設定を成すべきかに就いて当時の技術力では未知の分野であり設定に慎重にならざるを得なかったのである。 静岡大務新聞(しずおか たいむ しんぶん)、即ち、現在の静岡新聞社(しずおか しんぶんしゃ)の前身であるが、当時の新聞記事から此の辺の事情が読み取れる。 即ち、 去ル十三日、当地ヲ発足セシ人ヨリ沼津江尻間ノ鐵道工事ノ模様ヲ見聞ヲセシトテ其報知ヲ得タレバ記載センニ江尻岩淵間ハ路盤工事進行セリ富士川ハ風説ニ関シ如ク未タ鐵橋架設ノ場所確定セサル為カ少シモ工事ニ着手セシト云フ処ヲ見ス、富士川以東モ右ノ如クナレトモ些少ノ土盛アルノミ、原宿迄ハ別ニ記スル工事ナシ、原宿ヨリ沼津迄ハ線路工事出来上リノ様ニ見受ケラレタリ(以下略) 〔明治20年(1885年)3月17日附記事〕 江尻は現在の清水駅、岩淵は現在の富士川駅、原宿とは原駅である。 該記事発表の時点で、同年2月28日に蛇松港-沼津停車場間に於いて、蒸気機関車の試運転も完了し資材が運搬されていたにも拘らず、設置位置が確定していなかった事を物語る。 因みに、当時の新聞記者は後に著名作家や評論家に発展した者も居る事には居たが、世間からはゴロツキ屋の類と見られて居た者も少なからず存在しており、マスコミならば本来であれば直接取材が当然にも拘らず、当時の該新聞は仄聞記事が当然の如く記述掲載が散見される。 開通当時は途中区間に鈴川(現 吉原)が設置されたが、明治維新以降、関所が撤廃され横濱-神戸間に汽船航路が開設された事で、旧東海道利用者が激減していた処、鉄道開通後は徒歩移動者は皆無に均しい状態となり、旧東海道筋で停車場設置の恩恵に与かれなかった所の寂れ方は尋常では無かった。 且つ、此の年に、原宿東町、原宿西町、大塚町、三新田村が合併し原町が成立した事も、将来に対する危機感を抱かせるに充分な状況であり、原町に鉄道停車場設置誘致運動が発生したのも自然の成り行きと言えた。 原町は鉄道当局に対し停車場設置陳情を反復したが、当時の鉄道当局の相容れる内容とはされなかった。 然るに、日清戦争(にっしん せんそう)(明治27年(1894年)7月25日?明治28年(1895年)11月30日)に於ける戦時軍事輸送に鑑み、当時、沼津-鈴川間が15.1キロの距離を有していた事から、殆どの区間が単線だった東海道線に於ける列車交換の必要性と、地元の停車場設置要求の利害の一致が原町に於ける停車場設置を必要とさせた事から、明治29年(1896年)に原町から逓信省鐵道作業局に対し請願された停車場設置に関する請願書が当局に受け容れられる事になり決定事項となった。 因みに、沼津-鈴川間は明治32年(1899年)2月24日に複線化されたが、原停車場設置に鑑み、鉄道当局からは建設用地6470坪を必要とする旨、回答を得た為に、地元では、徳源寺、西念寺、乗運寺所有地他に4645坪を献納するとの出願が為され、此れを受け、明治31年(1898年)9月に、第9代第?次 山縣有朋(やまがた ありとも)(天保8年(1838年)6月14日?大正11年(1922年)2月1日内閣(明治31年(1898年)11月18日?明治33年(1900年)10月9日組閣)の第9代 逓信大臣 芳川顕正(よしかわ あきまさ)(天保12年(1842年)1月21日?大正9年(1920年)1月21日(明治31年(1898年)11月18日?明治33年(1900年)10月9日在任) 名で原停車場設置許可が下り、沼津-鈴川間に明治33年(1900年)2月25日に原駅が開業した。 明治35年(1902年)12月25日に、地震を原因とする駿河湾内で津波が発生し、原-岩淵(現 富士川)間は数日間、運転休止を余儀無くされる。 東海道本線電化区間は昭和9年(1934年)12月1日以来、長らく沼津駅止まりだったが、昭和24年(1949年)2月1日に沼津-静岡間が電化延長された。 日本国有鉄道は昭和24年(1949年)6月1日に成立したが、翌昭和25年(1950年)8月1日附を以って、名古屋鉄道局、及び、静岡管理部が廃止され、静岡鉄道管理局が成立し、同時に、東京鉄道局新橋管理部との境界点が従来の沼津-原間から熱海-函南(丹那隧道西口)間に変更になった。 此の為に、現在ですら、東海道本線函南-沼津間、及び、御殿場線全線各駅に於ける駅本屋やホーム上屋構造で、当時の東京鉄道局様式が残存するが、現在でも、沼津以東ではホーム有効長が300m以上を有し15両編成が停車可能なのに対し、沼津以西では、大駅を除き中間駅ホーム有効長は概ね220m10両停車分しか存在せず、鐵道省時代に於ける鉄道局境界点の名残が診られる。 表紙写真は、 明治33年(1900年)3月建築の原駅フランス式積煉瓦建築危険品保管倉庫。 東海道本線歴史的痕跡探訪記 ?東京-濱松町間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10701644 ?東京驛編? ?汐留-濱松町-品川間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10797199 ?品川-川崎間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10502858 ?川崎-横濱間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10711843 ?横濱駅移設変転史編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10316826 ?横濱-大船間編 明治頌歌? ?大船-平塚間編 明治頌歌? ?平塚-國府津間編 明治頌歌? ?國府津-根府川間編? http://4travel.jp/travelogue/10298330 ?根府川-熱海編? http://4travel.jp/travelogue/10310352 ?丹那隧道完成秘話 丹那隧道碑文から読み取れし或る歴史的事実? http://4travel.jp/travelogue/10291350 ?丹那隧道完成秘話 三島口建設工事鉄道線探訪記? http://4travel.jp/travelogue/10575630 ?熱海-沼津間編? ?沼津駅驛編? http://4travel.jp/travelogue/10294787 ?沼津港線編? http://4travel.jp/travelogue/10621891 ?沼津-富士間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10623829 ?富士-興津間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10625542 ?興津-静岡間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10859308 ?静岡-島田間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10855589 ?島田-掛川間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10858139 ?掛川-濱松間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10858815 ?濱松-豊橋間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10858508 ?豊橋-岡崎間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10870287 ?岡崎-大府間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10898135 ?大府-名古屋-尾張一宮間編 明治頌歌? https://4travel.jp/travelogue/10898177 ?名古屋驛編? ?尾張一宮-岐阜-大垣間編 明治頌歌? https://4travel.jp/travelogue/10990946 ?美濃赤坂支線編? ?大垣-垂井-関ケ原間編 明治頌歌? ?大垣-新垂井-関ケ原間編? ?関ケ原-米原間編 明治頌歌? ?関ケ原-深谷-長濱間(廃止線)編 明治頌歌? ?米原-能登川間編 明治頌歌? ?能登川-近江八幡間編 明治頌歌? ?近江八幡-草津間編 明治頌歌? ?草津-膳所間編 明治頌歌? ?膳所-濱大津間(廃止線)編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/11157145 ?膳所-稲荷-京都間(廃止線)編 明治頌歌? ?膳所-山科-京都間(現行線)編 大正浪漫? http://4travel.jp/travelogue/11157106 ?京都驛編 明治頌歌? ?京都-向日町間編 明治頌歌? ?向日町-高槻間編 明治頌歌? ?高槻-吹田間編 明治頌歌? ?吹田-淡路-大阪間(廃止線)編 明治頌歌? ?吹田-新大阪-大阪間(現行線)編 大正浪漫? ?大阪駅周辺編? ?大阪-西宮間編 明治頌歌? ?西宮-灘間編 明治頌歌? ?灘-神戸間編 大正浪漫?
六本木の写真
六本木の旅行記 原駅 危険品保管倉庫 煉瓦建築 該...
六本木の写真
六本木の旅行記 片浜-原間 列車排出火粉火災疑惑事件現...
六本木の写真
六本木の旅行記 片浜-原間 図書出版社沼津原工場専用線...
六本木の写真
六本木の旅行記 原駅 危険物管理倉庫 煉瓦建築 建...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 貨物取扱所 該駅は民営分割以...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 明電舎沼津事業所貨物専用線 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 明電舎沼津事業所貨物専用線 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津-片浜間 JR貨物沼津貨物ターミナ...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津-片浜間 小諏訪避溢橋(こずわ ひ...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津-片浜間 小諏訪避溢橋 沼津...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津-片浜間 小諏訪避溢橋 避溢橋(...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 桃中軒本社 沼津駅、三島駅、...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 桃中軒本社 沼津市千本浜...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 沼津駅構内桃中軒 弁当販売は...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 駅前広場 沼津機関區ノ碑 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 原駅 第1番線ホーム 神戸方を望見。...
六本木の写真
六本木の旅行記 原駅 第1番ホーム 神戸方を俯瞰
六本木の写真
六本木の旅行記 原駅 危険物管理倉庫 煉瓦建築 昭...
六本木の写真
六本木の旅行記 原駅 第2番ホーム上屋柱古軌条 但し...
六本木の写真
六本木の旅行記 原駅 駅本屋 第1番ホーム側
六本木の写真
六本木の旅行記 原駅 第2番ホーム
六本木の写真
六本木の旅行記 富士(ふじ)駅 明治22年(1889年...
六本木の写真
六本木の旅行記 吉原-富士間 沼川信号所(ぬまかわ し...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津(ぬまづ)駅 駅本屋 初代駅本屋...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 駅本屋 平成24年(2012...
六本木の写真
六本木の旅行記 片浜(かたはま)駅 駅本屋 昭和62...
六本木の写真
六本木の旅行記 清梵寺(せいぼんじ) 該寺の願王閣扁額...
六本木の写真
六本木の旅行記 清梵寺 該区間建設工事担当の工夫長 岡...
六本木の写真
六本木の旅行記 片浜-原間 原駅構内 東京方から俯瞰...
六本木の写真
六本木の旅行記 片浜-原間 原駅構内 東京方を俯瞰。...
六本木の写真
六本木の旅行記 原(はら)駅 駅本屋 初代駅本屋は明...
六本木の写真
六本木の旅行記 原駅 危険品保管倉庫 煉瓦建築 裏...
六本木の写真
六本木の旅行記 原駅 危険品保管倉庫 煉瓦建築 仏...
六本木の写真
六本木の旅行記 原駅 駅本屋 出改札口付近。
六本木の写真
六本木の旅行記 原駅 第2番線 ホーム段差痕
六本木の写真
六本木の旅行記 原駅 駅構内 神戸方から俯瞰 右手...
六本木の写真
六本木の旅行記 原-東田子の浦間 天王社(てんおうしゃ...
六本木の写真
六本木の旅行記 原-東田子の浦間 天王社 停車場設置...
六本木の写真
六本木の旅行記 原-東田子の浦間 JR貨物沼津貨物ター...
六本木の写真
六本木の旅行記 原-東田子の浦間 JR貨物沼津貨物ター...
六本木の写真
六本木の旅行記 原-東田子の浦間 植田踏切(うえだ ふ...
六本木の写真
六本木の旅行記 原-東田子の浦間 植田踏切 該事故被...
六本木の写真
六本木の旅行記 東田子の浦駅 六王子神社 益田定造(...
六本木の写真
六本木の旅行記 東田子の浦駅 六王子神社 益田定造 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 東田子の浦駅 六王子神社 益田定造 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 東田子の浦(ひがしたごのうら)駅 駅本...
六本木の写真
六本木の旅行記 東田子の浦駅 駅本屋 出改札口 開...
六本木の写真
六本木の旅行記 東田子の浦駅 駅本屋 正面装飾
六本木の写真
六本木の旅行記 東田子の浦駅 東田子の浦(ひがしたごの...
六本木の写真
六本木の旅行記 東田子の浦-吉原間 東田子の浦踏切 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 東田子の浦-吉原間 根方(ねかた)踏切...
六本木の写真
六本木の旅行記 東田子の浦-吉原間 鈴川踏切 東京方...
六本木の写真
六本木の旅行記 東田子の浦-吉原間 鈴川踏切 旧駅名...
六本木の写真
六本木の旅行記 東田子の浦-吉原間 鈴川(すずかわ)踏...
六本木の写真
六本木の旅行記 吉原駅 旅客用ホーム 構内貨物取扱線...
六本木の写真
六本木の旅行記 吉原駅 駅前広場 該駅開業当時、駅前...
六本木の写真
六本木の旅行記 吉原駅 岳南鉄道連絡跨線橋 昭和31...
六本木の写真
六本木の旅行記 吉原駅 岳南鉄道連絡跨線橋 古軌条支...
六本木の写真
六本木の旅行記 吉原駅 岳南鉄道連絡跨線橋 古軌条支...
六本木の写真
六本木の旅行記 吉原駅 南口 港湾施設以外目立った物...
六本木の写真
六本木の旅行記 東田子の浦-吉原間 田中新田架道橋(た...
六本木の写真
六本木の旅行記 東田子の浦-吉原間 浮島沼跡 現在の...
六本木の写真
六本木の旅行記 東田子の浦-吉原間 昭和放水路橋梁 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 東田子の浦-吉原間 昭和放水路(しょう...
六本木の写真
六本木の旅行記 吉原(よしわら)駅 駅本屋 吉原駅は...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 第1番ホーム ホーム上屋古軌...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 第1番ホーム 旅客地下道ホー...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 第2番ホーム 軒装飾
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 第2番ホーム ホーム上屋 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 第2ホーム 軒装飾
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 第1番ホーム 全景
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 第2番ホーム 軒装飾
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 第2番ホーム 内部全景
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 第1番ホーム 大東亜戦争中の...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 旅客地下通路
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 第2番ホーム 軒装飾 ホー...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 第2番ホーム 上屋軒装飾 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 第2番ホーム 軒装飾 第1...
六本木の写真
六本木の旅行記 沼津駅 旧沼津機関区跡地 民営分割時...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第2ホーム 神戸方
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第2ホーム 東京方俯瞰 煉...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第2ホーム 煉瓦積側壁 典...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第3ホーム ホーム上屋支柱古...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第3ホーム 旧ブルートレイン...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第2ホーム
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第3ホーム ホーム上屋支柱古...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第3ホーム ホーム上屋支柱古...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第3ホーム ホーム上屋支柱古...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第3ホーム ホーム上屋支柱古...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 貨物取扱ホーム跡 該部分のみ...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 貨物取扱ホーム跡 煉瓦横壁 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 貨物取扱ホーム跡 破壊撤去さ...
六本木の写真
六本木の旅行記 吉原-富士間 藤間避溢橋(ふじま ひい...
六本木の写真
六本木の旅行記 吉原-富士間 藤間避溢橋 富士市...
六本木の写真
六本木の旅行記 吉原-富士間 蓼原避溢橋(たてはら ひ...
六本木の写真
六本木の旅行記 吉原-富士間 潤井川(うるいがわ)橋梁...
六本木の写真
六本木の旅行記 吉原-富士間 潤井川橋梁 橋桁こそ交...
六本木の写真
六本木の旅行記 吉原-富士間 潤井川(うるいがわ) ...
六本木の写真
六本木の旅行記 吉原-富士間 蓼原踏切 東京方から富...
六本木の写真
六本木の旅行記 吉原-富士間 蓼原(たてはら)踏切 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 JR貨物コンテナ踏切 交通信...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第3ホーム 東京方俯瞰 煉...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第3ホーム 東京方俯瞰
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 貨物取扱ホーム跡 正式開業に...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第3ホーム 煉瓦積側壁 英...
六本木の旅行記
富士川・由比 ,東海道本線歴史的痕跡探訪記 ?富士-興津間編 明治頌歌?
六本木の地域
富士川・由比
六本木への旅行者
横浜臨海公園
六本木の旅行時期
2014/03/12~" . 2014/03/13
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

東海道本線歴史的痕跡探訪記 ?富士-興津間編 明治頌歌?

國府津-静岡間は、明治22年(1889年)2月1日開通である。 該区間開通時に、富士-興津間には、岩淵(現 富士川駅)、及び、興津各停車場が設置されたが、富士駅は未設置だった。 該区間工事で建設困難とされたのは、富士川橋梁架橋を筆頭に、さった峠下、洞隧道建設、興津川架橋、等々、施工だった。 富士川橋梁は、当初計画では橋梁設置位置は富士川河口部たる蒲原新道付近を予定していたが、該地に於ける河床岩盤は深い位置に存在し、且つ、急流域たる事で、当時の技術では橋脚設置は困難との判断が下され、再検討の結果、現行経路に決定した。 此れら、当時の経緯に就いては、拙稿 東海道本線歴史的痕跡探訪記 ?沼津-富士間編 明治頌歌? に詳細を記述している。 現在でも、該橋梁線路取付部が該川を隔て、直線状では無く「八」の字状たる事が、当時の架橋位置変更の痕跡である。 因みに、昭和39年(1964年)10月1日開通の東海道新幹線は、該河川河口部に架橋された。 さった峠下は安政大震災(あんせい だいしんさい)(安政2年(1855年)11月11日)が原因に拠り現地が2メートル弱隆起した為に通行可能になったが、然し、鉄道建設の為の寸余の土地は極めて貴重な存在だった。 洞(ほら)隧道掘削は、明治19年(1886年)7月に着工したが、途中背後の山が崖崩し、土砂が駿河湾まで押寄せる事故も発生した。 該区間の複線化は、 鈴川(現 吉原)-富士川合図所間  明治33年(1900年)11月 5日 富士川信号所-岩淵(現 富士川)間 明治43年(1910年) 3月 6日 岩淵(現 富士川)-蒲原間     明治31年(1898年)12月25日 蒲原-興津間           明治31年(1898年) 7月15日 である。 鉄道唱歌で、該区間に関して、 第18番 鳥の羽音におどろきし (とりの はおとに おどろきし) 平家のはなしは昔にて (へいけの はなしは むかしにて) 今は汽車ゆく富士川を (いまは きしゃゆく ふじかわを) 下るは身延の帰り舟♪ (くだるは みのぶの かえりぶね) と歌われた。 当時は富士身延鐵道が未開業であり、身延山参詣は富士川を舟で行くか身延道を徒歩で行くの選択肢しか無く、岩淵が身延への起点だった事から歌詞に記された。 我が国は自然障害として大河川の存在無くして語る事は出来ない。 特に、東海道筋は広河原と乱流河川の存在は、明治期以前に於いて、此れら河川への架橋を困難にさせた一因である。 明治29年(1896年)9月11日に中部地方に上陸した大型台風は、富士川水位を最大3.3mを記録させた大雨を降らせたが、富士川橋梁に被害が発生せず無事だったのは、寧ろ意外な感がする。 然し、大正3年(1914年)8月12日未明上陸の大型台風が原因で、第1号橋脚根元が洗盤された事で、該橋脚が傾斜する被害が発生し、水害対策として、大正5年(1916年)に一部構桁架替を余儀無くされた。 該区間開通後、天候不良を要因とする富士川異常出水、蒲原-興津間に於ける駿河湾側面通過時の波浪洗盤被害、及び、洞隧道付近側面法面崩落、等々に拠る区間不通状態が半ば常態化し、大幹線たる東海道本線をして、山北-御殿場間と共に、通行障害地と化した感があった。 度重なる自然災害対策に業を煮やした鐵道省、及び、名古屋鐵道局は、大正13年(1924年)に、蒲原から由比を経由せず、内陸部を直進しさった峠直下を長大隧道で貫通させ、興津川東岸に至る路線移転計画を策定した。 然し、鐵道省に拠る該計画を知った庵原郡蒲原町、及び、由比町住民達は、当然の事ながら驚愕の色を隠せなかった。 特に、由比は該線全通後も停車場設置が見送られた事から鉄道の恩恵に与る事が叶わず、該町を挙げて再三に亘り停車場設置請願を提出反復させ、停車場設置の為に必要用地無償提供や資金援助等々の犠牲の上に成立していた事から、駅開業から僅か数年をして駅廃止が現実化し得る内容に、到底受容れ難い計画だった事から、駅廃止に対し由比村を挙げて猛反対になるのは当然の成行きだった。 大東亜戦争勃発後、東海道本線に於ける列車本数が増加の一途をたどり、昭和17年(1942年)11月15日の関門隧道開通に伴う全国白紙時刻改正に於いて、沼津-静岡間に於ける貨物列車本数は、時刻改正前の上下46本から上下85本が設定された反面、旅客列車の相当数が犠牲を強いられた。 大東亜戦争(だいとうあ せんそう)(昭和16年(1941年)12月8日?昭和20年(1945年)8月15日)末期、我が国の防衛は皆無に均しい状態に陥った際に、全国各地が敵航空機の空襲範囲となったが、安倍川、及び、天龍川橋梁が爆撃された事を受け、大本営は、我が国最大の基幹幹線たる東海道本線が橋梁爆撃に依る不通を避ける為に、長大橋梁とは別個に緊急橋梁設置を決定し、大井川橋梁は、ほぼ完成したが、帝國陸軍第86部隊の手に拠り、富士川迂回橋梁を木造木組構造で架橋を計画していたが、着手直前に終戦になった。 明治末期に開始されたコンクリート建築は、該材料として良質な砂と砕石を必要としたが、該河川流域では砂石を採取する業者が入乱れ、乱掘状態となった事から、河床が低下し、河川流域に存在する橋梁橋脚根が露呈する状態となった。 大東亜戦争後、当時の建設省は主要河川に於ける砂利採取を全面的に禁止したが、該橋梁に就いて、殊に下り線用橋梁の橋脚変位が顕著になった事から、昭和31年(1956年)に、上流側に新橋梁を架橋した。 昭和57年(1982年)8月2日上陸の台風10号に拠り、富士川水位が急上昇し、富士川橋梁第4号、及び、第5号間橋脚が押流された為に、該構桁は落橋したが、原因は、橋脚根露呈に拠る橋脚崩壊であったと断定された。 取敢えず、日本国有鉄道は、富士-富士川間を無事だった富士川上り橋梁を使用し単線運転したが、保安装置は何と通票閉塞式と言う、天下の東海道本線が明治末期の時代に戻ったかの感があった。 然し、貨物列車等々の遅速長大編成列車を通票閉塞式で列車交換させるには無駄が過大である事から、該橋梁東岸に渡り線を設置し、同月末から自動閉塞式を採用した事で、列車遅延は最小になった。 該橋梁復旧に対し、建設途上の久慈線(現 三陸鉄道北リアス線)に於いて架橋予定資材を転用し、同年10月12日に複線運転が可能になったが、当初想定された輸送障害が殊の他僅少だったのは、東海道新幹線や東名高速道路等々の代替輸送路が成立しており、東海道本線自体が、最早、時代として、東京-神戸間たる長大ローカル線に過ぎない存在たる事を証明した事であった。 表紙写真は、 富士川橋梁全景 東海道本線歴史的痕跡探訪記 ?東京-濱松町間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10701644 ?東京驛編? ?汐留-濱松町-品川間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10797199 ?品川-川崎間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10502858 ?川崎-横濱間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10711843 ?横濱駅移設変転史編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10316826 ?横濱-大船間編 明治頌歌? ?大船-平塚間編 明治頌歌? ?平塚-國府津間編 明治頌歌? ?國府津-根府川間編? http://4travel.jp/travelogue/10298330 ?根府川-熱海編? http://4travel.jp/travelogue/10310352 ?丹那隧道完成秘話 丹那隧道碑文から読み取れし或る歴史的事実? http://4travel.jp/travelogue/10291350 ?丹那隧道完成秘話 三島口建設工事鉄道線探訪記? http://4travel.jp/travelogue/10575630 ?熱海-沼津間編? ?沼津駅驛編? http://4travel.jp/travelogue/10294787 ?沼津港線編? http://4travel.jp/travelogue/10621891 ?沼津-富士間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10623829 ?富士-興津間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10625542 ?興津-静岡間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10859308 ?静岡-島田間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10855589 ?島田-掛川間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10858139 ?掛川-濱松間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10858815 ?濱松-豊橋間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10858508 ?豊橋-岡崎間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10870287 ?岡崎-大府間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10898135 ?大府-名古屋-尾張一宮間編 明治頌歌? https://4travel.jp/travelogue/10898177 ?名古屋驛編? ?尾張一宮-岐阜-大垣間編 明治頌歌? https://4travel.jp/travelogue/10990946 ?美濃赤坂支線編? ?大垣-垂井-関ケ原間編 明治頌歌? ?大垣-新垂井-関ケ原間編? ?関ケ原-米原間編 明治頌歌? ?関ケ原-深谷-長濱間(廃止線)編 明治頌歌? ?米原-能登川間編 明治頌歌? ?能登川-近江八幡間編 明治頌歌? ?近江八幡-草津間編 明治頌歌? ?草津-膳所間編 明治頌歌? ?膳所-濱大津間(廃止線)編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/11157145 ?膳所-稲荷-京都間(廃止線)編 明治頌歌? ?膳所-山科-京都間(現行線)編 大正浪漫? http://4travel.jp/travelogue/11157106 ?京都驛編 明治頌歌? ?京都-向日町間編 明治頌歌? ?向日町-高槻間編 明治頌歌? ?高槻-吹田間編 明治頌歌? ?吹田-淡路-大阪間(廃止線)編 明治頌歌? ?吹田-新大阪-大阪間(現行線)編 大正浪漫? ?大阪駅周辺編? ?大阪-西宮間編 明治頌歌? ?西宮-灘間編 明治頌歌? ?灘-神戸間編 大正浪漫?
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 洞隧道 単線時代の貴重...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士(ふじ)駅 該駅は、明治42年(1...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第2番ホーム 石積側壁
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 ホーム上屋 支柱古軌条 H...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第3ホーム 路面 東海道本...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 富士川(ふじかわ)橋梁 該橋は...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 富士川橋梁 東京方 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 富士川橋梁 東京方 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 富士川橋梁 東京方 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 富士川橋梁 現下り線...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 富士川橋梁 橋脚 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 富士川橋梁 上り線用...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 職員殉職慰霊碑 全景...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 職員殉職慰霊碑 背面...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 職員殉職慰霊碑 該碑...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 富士川橋梁 上り線用...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 富士川橋梁 国産 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 富士川橋梁 西岸側 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 富士川橋梁 西岸側 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 中ノ郷(なかのごう)橋...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 中ノ郷橋梁 旧下り本...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 中ノ郷橋梁 旧下り本...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 中ノ郷橋梁 旧下り本...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 岩淵(いわぶち)踏切 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士川(ふじかわ)駅 該駅は、明治22...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士川駅 駅構内 特急ふじかわ号
六本木の写真
六本木の旅行記 富士川駅 第2番ホーム
六本木の写真
六本木の旅行記 富士川-新蒲原間 日本軽金属専用送水管...
六本木の写真
六本木の旅行記 新蒲原駅 駅前広場
六本木の写真
六本木の旅行記 新蒲原(しんかんばら)駅 該駅は、昭和...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 分岐器設置点跡 昭和...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 富士川(ふじかわ)信号...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士-富士川間 富士川橋梁東岸 取付...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 興津川橋梁 中央部コン...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 興津川仮乗降場西岸側跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 興津川仮乗降場(おきつが...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 興津川橋梁 明治22年...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 興津川橋梁 橋桁銘板 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 興津川仮乗降場(おきつが...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 興津川仮乗降場東岸側跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 洞(ほら)信号場跡 該...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 防波堤 終端部 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 洞隧道 神戸方坑門 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 洞隧道 上記の絵葉書と、ほ...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 洞第2隧道 神戸方坑門...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 洞隧道 神戸方 旧坑...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 洞第1号(ほら だいいち...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 洞隧道 神戸方坑門 現在...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 洞第2号隧道 東京方坑...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 由比川-洞隧道東口間は、...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 洞第1号(ほら だいいち...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 洞第2号(ほら だいにご...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 洞(ほら)隧道 上下線...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 洞隧道(ほら ずいどう)...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 洞隧道(ほら ずいどう)...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 安政大震災隆起部 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 中ノ沢防土覆 静岡市清水...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 中ノ沢防土覆 静岡市清水...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 崩壊部分 写真中央部凹部分が...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 駅構内 全景
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 旧貨物取扱所跡 昭和49年(...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比(ゆい)駅 該駅は、大正5年(19...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 中ノ沢防土覆
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 駅構内
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 駅構内 第2番ホーム 古軌...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 第1番ホーム 跨線橋 側板...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 駅構内 右手は旧貨物取扱施設...
六本木の写真
六本木の旅行記 興津駅 旧貨物取扱所跡 該駅は、昭和...
六本木の写真
六本木の旅行記 興津駅 該駅は、明治22年(1889年...
六本木の写真
六本木の旅行記 興津駅 駅構内 第1番線ホーム
六本木の写真
六本木の旅行記 興津駅 駅構内 俯瞰
六本木の写真
六本木の旅行記 興津駅 駅構内 第2番線ホーム
六本木の写真
六本木の旅行記 興津駅 跨線橋 明治35年(1902...
六本木の写真
六本木の旅行記 興津駅 第1番ホーム上屋 支柱古軌条...
六本木の写真
六本木の旅行記 興津駅 構内跨線橋 内部 古軌条を...
六本木の写真
六本木の旅行記 興津駅 第2番ホーム 古軌条使用支柱
六本木の写真
六本木の旅行記 興津駅 駅構内 第1番線ホーム
六本木の写真
六本木の旅行記 興津駅 駅構内
六本木の写真
六本木の旅行記 蒲原駅 駅構内
六本木の写真
六本木の旅行記 蒲原駅 第1番ホーム 団体列車着発を...
六本木の写真
六本木の旅行記 蒲原駅 駅構内
六本木の写真
六本木の旅行記 蒲原駅 駅構内 東京方 俯瞰
六本木の写真
六本木の旅行記 蒲原(かんばら)駅 該駅は、明治23年...
六本木の写真
六本木の旅行記 蒲原駅 駅前広場 団体バスを捌く為に...
六本木の写真
六本木の旅行記 新蒲原-蒲原間 向田川橋梁 全景 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 新蒲原-蒲原間 向田川(むかいだがわ)...
六本木の写真
六本木の旅行記 新蒲原-蒲原間 新蒲原駅構内 神戸方...
六本木の写真
六本木の旅行記 蒲原-由比間 低防波堤 開始地点 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 蒲原-由比間 高防波堤 蒲原-由比-...
六本木の写真
六本木の旅行記 蒲原-由比間 防波堤 内陸海岸接続部...
六本木の写真
六本木の旅行記 蒲原-由比間 高防波堤 開始地点 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第3番ホーム上屋 支柱古軌条
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第3番ホーム上屋
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第3番ホーム上屋 支柱古軌条
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第3番ホーム上屋 支柱古軌条
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第3番ホーム上屋 支柱古軌条 6009...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士駅 第3番ホーム上屋 支柱古軌条
六本木の写真
六本木の旅行記 新蒲原駅 駅前広場
六本木の写真
六本木の旅行記 新蒲原駅 構内
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 興津駅構内 俯瞰
六本木の写真
六本木の旅行記 由比-興津間 初代興津駅跡 明治22...
六本木の写真
六本木の旅行記 興津駅 跨線橋 明治35年(1902...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 駅前広場 由比驛記念碑 開...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 駅前広場 開駅記念碑と開業記...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 低防波堤
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 低防波堤 断面
六本木の写真
六本木の旅行記 蒲原-由比間 高防波堤 静岡市清...
六本木の写真
六本木の旅行記 蒲原-由比間 低防波堤 静岡市清...
六本木の写真
六本木の旅行記 蒲原-由比間 和瀬川(わせ がわ)橋梁...
六本木の写真
六本木の旅行記 蒲原-由比間 由比川(ゆいがわ)橋梁 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 蒲原-由比間 由比川橋梁 橋脚 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 蒲原-由比間 神澤川(かみざわがわ)橋...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士川駅 第1番ホーム 構内跨線橋 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士川駅 第1番ホーム 構内跨線橋 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 富士川駅 第1番ホーム
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 第2番ホーム 跨線橋 古軌...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 第2番ホーム 跨線橋 古軌...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 第1番ホーム 跨線橋 古軌...
六本木の写真
六本木の旅行記 由比駅 第1番ホーム 跨線橋 古軌...
六本木の写真
六本木の旅行記 横須賀駅 第2番ホーム跨線橋 支柱古...
六本木の旅行記
函南 ,東海道本線歴史的痕跡探訪記 ?丹那隧道完成秘話 三島口建設工事鉄道線跡探訪編?
六本木の地域
函南
六本木への旅行者
横浜臨海公園
六本木の旅行時期
2011/06/15~" . 2011/06/15
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

東海道本線歴史的痕跡探訪記 ?丹那隧道完成秘話 三島口建設工事鉄道線跡探訪編?

丹那隧道(たんな ずいどう)は東海道本線(とうかいどうほんせん)熱海-函南間に存在する開通当時は総延長7803mの隧道である。 隧道西口三島方坑道工事は大正7年(1918年)7月15日に開始された。 然し、丹那隧道建設工事に於ける必須機材と作業員宿舎建設資材輸送の為に、坑口付近に至る工事専用鉄道建設を必要とし、隧道工事開始に先立ち大正5年(1916年)8月1日に起工する。 江戸期から明治初期に於いて、伊豆國三嶋宿は山間通行の苦労と山賊の襲撃に脅え箱根八里越えを終えた旅人にとって一時の安息地であり、且つ、三嶋大社所在地として門前町を形成させ大いに繁栄した。 然るに、明治初期に東京阪神間に不定期ながら蒸気船が就航し3日程度で到着する事から東海道を徒歩往還者が漸次低下を見せ、更に追討ちをかけるが如く、明治22年(1889年)に逓信省鐵道作業局が國府津-静岡間を一気に開通させた際に、三島町首脳部は三島町付近に駅設置を強く要望したのに対し、鐵道作業局側は路線設定上、急勾配が存在する該地点付近への駅設置は技術上不可能として佐野(現 裾野)-沼津間は三島の西北部を翳めて通過し停車場設置が見送られた為に、三島町の衰退が更に顕著になる次第となったが、当時の低出力蒸気機関車しか存在しない状況下での停車場設置を見送った当局の判断は正しかったものと推定される。 此れが原因で、旧東海道の宿場町、且つ、門前町であった三島は近代輸送の鉄道の恩恵から完全に取残され、以前では想定すらされぬ程の衰退著しい寂れ方を呈する様になった。 駅設置の恩恵から見放された焦慮感は次第に危機感を募らせ、三島の有識者達は佐野-沼津間に新停車場設置請願を反復させたのは寧ろ自然の成り行きであると云えた。 その後、当局に対する請願が通過し鐵道作業局が新停車場設置を決定させた事から、地元資本に依る中伊豆に至る東海道線連絡線たる私鉄建設が決定し豆相鐵道(ずそう てつどう)が設立され明示29年(1896年)2月から測量が開始され、翌々年の明治31年(1898年)5月20日に三島町(現 三島田町)-南條(現 伊豆長岡)間が開通し、更に、同年6月15日に東海道本線初代三島駅(現 下土狩)開業に併せ豆相鐵道も三島町-三島間を延長して三島駅構内に乗入れを果し、東京から御殿場経由の大迂回ながら鉄道利用移動が可能になり、翌明治32年(1899年)7月17日には南條-大仁(おおひと)間が延長された。 即ち、現在の伊豆箱根鉄道(いずはこね てつどう)駿豆本線である。 現在にも残す 鐵道唱歌(てつどう しょうか)第1篇初版発売は此の開業直後の明治33年(1900年)5月1日で三島駅は第16曲目に早速登場し、 三島は近年拓けたる (みしまは きんねん ひらけたる) 豆相線路の岐道 (ずそうせんろの わかれみち) 驛とは此地の名を得たる (えきとは このちのなをえたる) 官幣大社の宮居在り♪ (かんぺいたいしゃの みやいあり) と作詞されていた。 該鐵道は早くも明治40年(1907年)7月19日に動産不動産一式を伊豆鐵道(いず てつどう)に譲渡し会社は解散するが、伊豆鐵道は明治45年(1912年)4月1日に三島六反田(現 三島広小路)-沼津停車場間を運営していた駿豆電気鐵道(すんず でんきてつどう)に吸収合併され、大正6年(1917年)11月5日に社名を駿豆鐵道(すんず てつどう)に変更する。 駿豆鐵道では旧駿豆電気鐵道保有の諸電気施設を活用して、翌大正7年(1918年)8月10日に三島町-大場間、翌大正8年(1919年)5月25日には三島-三島町間が直流600ボルト電化され鐵道院から山手線電化創成期時代の中古電車の払下を受け運転された。 丹那隧道(たんな ずいどう)は大正7年(1918年)3月21日に熱海口坑門建設予定地に於いて東西工事関係者一同を集め起工式が挙行された。 丹那隧道西口掘削工事は新橋驛本屋2階に存在した熱海線建設事務所内に於いて籤引に拠り鹿島組(現 鹿島建設)請負に決定し、大正7年(1918年)7月5日に着工したが、当時の西口工事現場たる大竹函南地区は真梨川流域で沼沢地帯を形成し人家は農家4軒程度が存在するに過ぎぬ大蛇無尽の超過疎地帯だった為に、先ず隧道工事開始前に先立ち大正5年(1916年)3月15日附で建甲第193號公文書を以って路線設置承認を得て鐵道院直轄工事に拠り同年8月1日に極狭軌762mmの軽便鉄道が駿豆鐵道大場(だいば)駅から大竹地区まで約3.8km区間を着工し、途中橋梁7ヶ所と最急40‰勾配で施設され工事価格103997円40銭を要し大正7年(1918年)7月1日に竣工した。 完成後は工事資材が東海道本線三島駅から駿豆鐵道大場駅まで貨車を乗入させ大場駅で軽便鉄道車輌に積替えられ大竹に運ばれたが、此の為に、駿豆鐵道は輸送力増強を名目に鐵道院から全面資金援助を得て三島-大場間の沿線施設たる路盤や橋梁等々が重量車輌通過対応対策として従来設備の橋台や橋桁を交換し路盤強化工事が施行され完成後は隧道建設工事専用列車が運転可能となった。 此の時に路盤施設強化拡充を実行した事は、後に大東亜戦争後の昭和25年(1950年)10月1日から東京-三島-修善寺間に於いて国鉄モハ80系湘南電車が乗入運転開始したが、日本国有鉄道線との間に架線電圧相違問題こそ残存したが、基礎構造強固を以って国鉄大型車輌直通運転を容易にし駿豆線沿線に寄与ならしめる。 因みに、大場-大竹間の軽便鉄道建設資材一式は北海道の湧別軽便線(ゆうべつ けいべんせん)が改軌で遊休施設資材を転活用されたが、湧別軽便線は買収線区以外で唯一、鐵道院が極狭軌線の新開設路線で留辺蘂(るべしべ)を起点に遠軽(えんがる)-社名淵(さなふち)(後 開盛)(かいせい)間を結ぶ、現在の石北本線(せきほく ほんせん)と平成元年(1989年)4月30日に全線廃止した名寄本線(なよろ ほんせん)を形成する路線だったが、開通以前から開拓者関係以外の利用は見込めず輸送量過少を以って数値が算出されていた為に敢えて極狭軌で建設されたが、折から第1次世界大戦中の好景気に支えられ、現実には木材資材等々需要要求から輸送量が予測を遥かに上回る結果だった為に、留辺蘂駅に於ける貨物積替えの煩瑣は日常的に貨物の滞貨が深刻な状況を現出させ、現場の要求も有り敷設翌々年に改軌し直通運転に対する必要性に迫られ、開通後僅か1年余で改軌を余儀無くされ、此の為に改軌後に不要資材を隧道工事の為に転用可能となったが、大場駅での積替えに対し短距離の軽便線区間では無駄が多く後に大場駅に於いても積替量が多い事から滞貨が著しい状態が現出し隧道工事に支障する事態すら現出する。 湧別軽便線で使用された小型蒸気機関車はケ200型4両が使用されたが、丹那隧道東西建設現場に2両ずつ配備され西口用にはケ200、及び、ケ202が使用された。 然るに、資材輸送ルートが確立したとは申せ、大場駅に於ける積替えの非能率性はロスが大きく大正11年(1922年)11月に極狭軌線は狭軌線に改軌され、明治30年(1897年)に北海道炭礦鐵道(ほっかいどう たんこう てつどう)発注品で国有化後は鐵道省所有の米ボールドウィン社製造で簡易線級急曲線に於いても使用可能な7200型テンダー式蒸気機関車7221、及び、7222の2両が投入され、此の結果、発送資材積載貨車が大竹まで直接乗入可能になり作業効率が改めて飛躍的に増大する。 また原則的に大場-大竹間は工事用資材運搬専用鉄道だったが、工事関係者、及び、該家族に限定利用とし、朝昼夕3往復の旅客輸送を実施し、その際は貨物列車に鐵道院貸与の単車型客車が連結され地元出身車掌が乗務した。 関東大震災(かんとうだいしんさい)(大正12年(1923年)9月1日)発生時は震源至近の隧道だったにも拘らず坑道内に山鳴りがして初めて地震だと気付く状態であり、坑内より坑外に出て家屋倒壊等々被害の実態に驚愕したとされ、丹那隧道内では本坑一部に亀裂が発生した程度であり、寧ろ、昭和5年(1930年)11月26日発生の北伊豆地震(きたいず じしん)の方が丹那隧道工事関係に於いて被害甚大で、工事中の先導坑に活断層(Living or actiing fault)が発生し、その結果、熱海坑口が北、三島坑口が南に移動し、本来は直進状たる本坑をも修整を余儀無くされ、現在も見られるが如き緩やかなS字状曲線を描き完成を見る。 隧道内工事進捗に拠り、昭和6年(1931年)4月1日附で西口工事現場では人員削減、及び、人員整理を理由に鹿島組雇の日本人労働者53名、朝鮮人労働者12名、計65名が初めて解雇を実行した。 因みに、同年の内務省警保局作成極秘資料に拠れば、静岡県内に於ける朝鮮人登録労働者総数は2411名で、その内、丹那隧道西口工事現場従事作業員は総数306名だったと記録されている。 駿豆鐵道本線は丹那隧道開通前日の昭和9年(1934年)11月30日の最終列車通過後、路線付替工事を実施し、下土狩駅への路線を廃止し新三島駅へのアプローチ工事を施工し現在の如き急曲線が現出する。 該切替は鐵道省直轄全面工事として駿豆鐵道に不利益を被らせる事無く工事費用は全額鐵道省負担とし施行された。 丹那隧道開通当日の昭和9年(1934年)12月1日、三島で挙行された丹那隧道開通記念式典に折から国会会期中で出席出来なかった第31代内閣総理大臣 岡田啓介(おかだ けいすけ)(慶應4年(1868年)2月14日?昭和27年(1952年)10月17日)(昭和9年(1934年)7月8日?昭和11年(1936年)3月9日組閣)の鐵道大臣 内田信也(うちだ のぶや)(明治13年(1880年)12月16日?昭和46年(1971年)1月17日)(昭和9年(1934年)7月8日?昭和11年(1936年)3月6日在任)は、多忙にも拘らず鹿島組組長 鹿島精一(かしま せいいち)(明治8年(1875年)7月1日?昭和22年(1947年)2月6日)及び、東口工事担当の鐵道工業社長 菅原恒賢(すがわら つねみ)(安政6年(1859年)8月22日?昭和15年(1940年)4月10日)両名を本省大臣室に招致し、丹那隧道建設に長年貢献した功に依り当時としては異例たる監督官庁大臣が民間企業に対し感謝状を贈与した。 鐵道省からの帰路、鹿島と菅原は17年に亘る苦労が走馬燈の如く甦えり脳裏を翳めたに相違ない。 その数々の苦しみを想い出しながら鹿島と菅原両名の頬には涙が止めもなく伝い仕舞には脇目も憚らず男泣きに号泣したそうである。 丹那隧道は後に三島口坑門上部から線路上への土砂崩落が著しく列車運転保安上からも問題が多く、昭和47年(1972年)から翌年にかけ坑門部を延長し防護体を設置し総延長が7841mになった。 尚、岩波書店発売の 広辞苑(こうじえん)に於ける丹那隧道に関する項目で丹那隧道総延長を7840mと記述しているが明らかに誤りである 表紙の写真は、 丹那隧道工事殉職者慰霊碑 東海道本線歴史的痕跡探訪記 ?東京-濱松町間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10701644 ?東京驛編? ?汐留-濱松町-品川間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10797199 ?品川-川崎間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10502858 ?川崎-横濱間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10711843 ?横濱駅移設変転史編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10316826 ?横濱-大船間編 明治頌歌? ?大船-平塚間編 明治頌歌? ?平塚-國府津間編 明治頌歌? ?國府津-根府川間編? http://4travel.jp/travelogue/10298330 ?根府川-熱海編? http://4travel.jp/travelogue/10310352 ?丹那隧道完成秘話 丹那隧道碑文から読み取れし或る歴史的事実? http://4travel.jp/travelogue/10291350 ?丹那隧道完成秘話 三島口建設工事鉄道線探訪記? http://4travel.jp/travelogue/10575630 ?熱海-沼津間編? ?沼津駅驛編? http://4travel.jp/travelogue/10294787 ?沼津港線編? http://4travel.jp/travelogue/10621891 ?沼津-富士間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10623829 ?富士-興津間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10625542 ?興津-静岡間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10859308 ?静岡-島田間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10855589 ?島田-掛川間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10858139 ?掛川-濱松間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10858815 ?濱松-豊橋間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10858508 ?豊橋-岡崎間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10870287 ?岡崎-大府間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10898135 ?大府-名古屋-尾張一宮間編 明治頌歌? https://4travel.jp/travelogue/10898177 ?名古屋驛編? ?尾張一宮-岐阜-大垣間編 明治頌歌? https://4travel.jp/travelogue/10990946 ?美濃赤坂支線編? ?大垣-垂井-関ケ原間編 明治頌歌? ?大垣-新垂井-関ケ原間編? ?関ケ原-米原間編 明治頌歌? ?関ケ原-深谷-長濱間(廃止線)編 明治頌歌? ?米原-能登川間編 明治頌歌? ?能登川-近江八幡間編 明治頌歌? ?近江八幡-草津間編 明治頌歌? ?草津-膳所間編 明治頌歌? ?膳所-濱大津間(廃止線)編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/11157145 ?膳所-稲荷-京都間(廃止線)編 明治頌歌? ?膳所-山科-京都間(現行線)編 大正浪漫? http://4travel.jp/travelogue/11157106 ?京都驛編 明治頌歌? ?京都-向日町間編 明治頌歌? ?向日町-高槻間編 明治頌歌? ?高槻-吹田間編 明治頌歌? ?吹田-淡路-大阪間(廃止線)編 明治頌歌? ?吹田-新大阪-大阪間(現行線)編 大正浪漫? ?大阪駅周辺編? ?大阪-西宮間編 明治頌歌? ?西宮-灘間編 明治頌歌? ?灘-神戸間編 大正浪漫?
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩駅 駅構内 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩(しもとがり)駅 駅本屋 明治...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩駅前 コミュニティながいずみ(こ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩駅前 県道22号線 該道路は初...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩-三島広小路間 駿豆鐵道旧線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島-三島広小路間 現路線合流地点 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島-三島広小路間 現路線合流地点 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島-三島広小路間 蓮沼川橋梁(はすぬ...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島-三島広小路間 蓮沼川橋梁 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島広小路-三島田町間 旧広小路連絡所...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島広小路(みしま ひろこうじ)駅 駅...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島広小路-三島田町間 旧広小路連絡所...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島市立楽寿園 旧庭園敷地跡 現 楽...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島広小路-三島田町間 旧源兵衛川橋梁...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島広小路-三島田町間 旧源兵衛川橋梁...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島広小路-三島田町間 源兵衛川橋梁(...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島広小路-三島田町間 源兵衛川橋梁 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島広小路-三島田町間 御殿川橋梁(ご...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島広小路-三島田町間 御殿川橋梁 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島田町(みしま たまち)駅 駅本屋 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島二日町(みしま ふつかまち)駅 駅...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島二日町-大場間 大場川橋梁 河川...
六本木の写真
六本木の旅行記 大場(だいば)駅 駅本屋 明治31年...
六本木の写真
六本木の旅行記 大場駅 旧構内貨物取扱所跡 現 コー...
六本木の写真
六本木の旅行記 大場駅 旧構内貨物取扱所跡 当時の隧...
六本木の写真
六本木の旅行記 大場-平井間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 大場-平井間 丹那隧道西口工事軽便鉄道...
六本木の写真
六本木の旅行記 大場-平井間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 大場-平井間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 大場-平井間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 大場-平井間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 大場-平井間 上沢堰(うえざわ せき)...
六本木の写真
六本木の旅行記 大場-平井間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 大場-平井間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 大場-平井間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 大場-平井間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 大場-平井間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 平井-大竹間 天地神社 参道口 反...
六本木の写真
六本木の旅行記 平井-大竹間 水道工事開通記念碑 丹...
六本木の写真
六本木の旅行記 平井-大竹間 天地神社 正面 旧村...
六本木の写真
六本木の旅行記 平井-大竹間 丹那隧道西口工事軽便線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 平井-大竹間 天地神社 記念碑裏面拡...
六本木の写真
六本木の旅行記 平井-大竹間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 平井-大竹間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 平井-大竹間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 平井-大竹間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 平井-大竹間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 函南-三島間 東海道本線 来光川暗渠...
六本木の写真
六本木の旅行記 平井-大竹間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 平井-大竹間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道工事殉職者慰霊碑(たんな ずいどう こうじ ...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道工事殉職者慰霊碑 田方郡函南町...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道工事殉職者慰霊碑 碑本体 前...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道工事殉職者慰霊碑 碑本体 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 函南駅 駅構内 神戸方
六本木の写真
六本木の旅行記 函南駅 旧駅構内 神戸方 該工事軽...
六本木の写真
六本木の旅行記 熱海-函南間 丹那隧道
六本木の写真
六本木の旅行記 熱海-函南間 丹那隧道
六本木の写真
六本木の旅行記 函南(かんなみ)駅 駅本屋 昭和9年...
六本木の写真
六本木の旅行記 平井-大竹間 丹那隧道西口工事軽便線跡...
六本木の写真
六本木の旅行記 鐵道省大竹火力発電所跡(てつどうしょう おおたけ か...
六本木の写真
六本木の旅行記 平井-大竹間 丹那隧道西口工事軽便線大...
六本木の写真
六本木の旅行記 函南-三島間 東海道本線 来光川暗渠...
六本木の写真
六本木の旅行記 NTT東日本伊豆病院(NTTひがしにほん いず びょ...
六本木の写真
六本木の旅行記 函南町役場 旧鐵道省取得用地跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島市立楽寿園 旧庭園敷地跡 三...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島市立楽寿園 旧丘陵跡 元来、現三...
六本木の写真
六本木の旅行記 熱海-函南間 丹那隧道 該隧道殉職者...
六本木の写真
六本木の旅行記 平井-大竹間 丹那隧道西口工事軽便線大...
六本木の写真
六本木の旅行記 平井-大竹間 丹那隧道西口工事軽便線大...
六本木の写真
六本木の旅行記 下土狩駅 駿豆鐵道旧駅ホーム跡 撮影...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島(みしま)駅 駅本屋 現東海道本...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道工事殉職者慰霊碑 敷地入口 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 平井-大竹間 丹那隧道西口工事軽便線大...
六本木の写真
六本木の旅行記 三島市立楽寿園 http://www.ci...
六本木の旅行記
熱海 ,東海道本線歴史的痕跡探訪記 ?丹那隧道完成秘話 碑文から読取れし或る歴史的事実?
六本木の地域
熱海
六本木への旅行者
横浜臨海公園
六本木の旅行時期
2008/11/30~" . 2008/12/01
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

東海道本線歴史的痕跡探訪記 ?丹那隧道完成秘話 碑文から読取れし或る歴史的事実?

丹那(たんな)隧道は総延長7804mを有し、大正7年(1918年)4月1日に着工後、当初は7年後の大正14年(1925年)完成予定だったものが、計画を遥かに上回る16年余の年数経過を余儀なくされ当時としては類例を見ない世界屈指の難工事を以って、昭和9年(1934年)12月1日に開通し現在の東海道本線が形成される。 丹那隧道開通以前は現在の御殿場線が東海道本線だった。 然し、明治中期に開通した路線は長距離隧道掘削技術も未熟な時代故に、特に、山北-御殿場-裾野間は連続する急勾配と急曲線が存在し、箱根の山岳地故に風水害災害に対し脆弱で、また、当時の蒸気機関車では2,3両連結して列車を運転しても出力の点で限界が在り、やがて輸送力の障害と化し政府だけでは無く軍部の強い要請もあり工事完成が急がれた。 然し、隧道工事は予想を超えた未曾有の地質の悪さに掘削が進展せず、更に度重なる落盤事故や異常出水の為に工事の中断を余儀なくされた事も工事期間が延伸した一余となった事は否めなかったと思われる。 丹那隧道工事中に大規模な落盤事故は3回発生した。 *大正10年(1921年)4月1日  東口990ft地点 *大正13年(1924年)2月10日 西口4950ft地点 *昭和5年(1930年)11月26日 西口10809ft地点【北伊豆大震災】 尚、公式発表に依れば隧道工事に伴う犠牲者は67名です。 然し、労働災害の概念など希薄な時代背景だったとは申せ、実記録に残らず暗数となった人数を含め100名以上の犠牲者を出しているとされる。 開通後74年を経過した隧道完成に伴う秘話と史実とを旅行記に纏めた。 http://www.kinomiya.or.jp/tanna/index.htm http://www.kajima.co.jp/gallery/const_museum/tunnel/index.html 以下関連記事掲載は来宮神社許可に依る。 表紙写真は、 丹那隧道殉難碑 東海道本線歴史的痕跡探訪記 ?東京-濱松町間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10701644 ?東京驛編? ?汐留-濱松町-品川間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10797199 ?品川-川崎間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10502858 ?川崎-横濱間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10711843 ?横濱駅移設変転史編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10316826 ?横濱-大船間編 明治頌歌? ?大船-平塚間編 明治頌歌? ?平塚-國府津間編 明治頌歌? ?國府津-根府川間編? http://4travel.jp/travelogue/10298330 ?根府川-熱海編? http://4travel.jp/travelogue/10310352 ?丹那隧道完成秘話 丹那隧道碑文から読み取れし或る歴史的事実? http://4travel.jp/travelogue/10291350 ?丹那隧道完成秘話 三島口建設工事鉄道線探訪記? http://4travel.jp/travelogue/10575630 ?熱海-沼津間編? ?沼津駅驛編? http://4travel.jp/travelogue/10294787 ?沼津港線編? http://4travel.jp/travelogue/10621891 ?沼津-富士間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10623829 ?富士-興津間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10625542 ?興津-静岡間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10859308 ?静岡-島田間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10855589 ?島田-掛川間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10858139 ?掛川-濱松間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10858815 ?濱松-豊橋間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10858508 ?豊橋-岡崎間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10870287 ?岡崎-大府間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10898135 ?大府-名古屋-尾張一宮間編 明治頌歌? https://4travel.jp/travelogue/10898177 ?名古屋驛編? ?尾張一宮-岐阜-大垣間編 明治頌歌? https://4travel.jp/travelogue/10990946 ?美濃赤坂支線編? ?大垣-垂井-関ケ原間編 明治頌歌? ?大垣-新垂井-関ケ原間編? ?関ケ原-米原間編 明治頌歌? ?関ケ原-深谷-長濱間(廃止線)編 明治頌歌? ?米原-能登川間編 明治頌歌? ?能登川-近江八幡間編 明治頌歌? ?近江八幡-草津間編 明治頌歌? ?草津-膳所間編 明治頌歌? ?膳所-濱大津間(廃止線)編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/11157145 ?膳所-稲荷-京都間(廃止線)編 明治頌歌? ?膳所-山科-京都間(現行線)編 大正浪漫? http://4travel.jp/travelogue/11157106 ?京都驛編 明治頌歌? ?京都-向日町間編 明治頌歌? ?向日町-高槻間編 明治頌歌? ?高槻-吹田間編 明治頌歌? ?吹田-淡路-大阪間(廃止線)編 明治頌歌? ?吹田-新大阪-大阪間(現行線)編 大正浪漫? ?大阪駅周辺編? ?大阪-西宮間編 明治頌歌? ?西宮-灘間編 明治頌歌? ?灘-神戸間編 大正浪漫?
六本木の写真
六本木の旅行記 来宮神社 本殿扁額
六本木の写真
六本木の旅行記 来宮神社境内? 御神水(ごしんすい) ...
六本木の写真
六本木の旅行記 来宮神社境内? 忠魂碑 熱海市出征者...
六本木の写真
六本木の旅行記 来宮神社(きのみや じんじゃ) 正面鳥...
六本木の写真
六本木の旅行記 東海道新幹線新丹那トンネル来宮口 戦前...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那神社、及び、丹那隧道殉職慰霊碑入口 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 熱海水力発電所跡記念碑(あたみ すいりょくはつでんし...
六本木の写真
六本木の旅行記 梅園の湯(ばいえんのゆ) 但し、訪問日...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道 工事中の写真 工事に際し苦...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道殉職者供養碑(たんな ずいどう じゅんしょく...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道殉職碑(たんな ずいどう じゅんしょくひ) ...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道殉職碑 殉職者氏名一覧 67...
六本木の写真
六本木の旅行記 殉職慰霊碑氏名? 女性殉職者氏名 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 殉職慰霊碑氏名? 当時の朝鮮総督府下出...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道殉職慰霊碑 全景 丹那隧道来...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那神社(たんな じんじゃ) 鳥居と本...
六本木の写真
六本木の旅行記 救命石(きゅうめいいし) 大正10年4...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那神社 本殿 丹那神社は隧道工事で...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那神社から慰霊碑を俯瞰 下方に見える...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道(たんな ずいどう) 来宮口全...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道 来宮口上部 起工2578年...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道 来宮口 よく見ると入口内部...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道 東海道線電車 JR東海21...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道 来宮口付近から来宮駅構内を俯...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道函南口扁額拓本 八田嘉明 揮毫...
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道来宮口扁額拓本 内田信也 揮毫...
六本木の写真
六本木の旅行記 来宮神社 御神木大楠木?
六本木の写真
六本木の旅行記 熱海から望見される伊豆大島 工事に携わ...
六本木の写真
六本木の旅行記 来宮神社境内? 第二大楠 鳥居右に存...
六本木の写真
六本木の旅行記 第二大楠 よく見ると祠の中に祠が存在。...
六本木の写真
六本木の旅行記 来宮神社 御神木大楠木? 余りの大き...
六本木の写真
六本木の旅行記 来宮神社 本殿
六本木の写真
六本木の旅行記 丹那隧道 来宮口を出る寝台特急 富士は...
六本木の写真
六本木の旅行記 熱海水力発電所放水口跡 発電所自体は大...
六本木の写真
六本木の旅行記 伊東線来宮駅駅舎 丹那隧道開通時は信号...
六本木の写真
六本木の旅行記 山形病院跡(やまがたびょういんあと) ...
六本木の写真
六本木の旅行記 豆相人車鉄道駅舎跡地碑 豆相人車(とう...
六本木の旅行記
横浜 ,東海道本線歴史的痕跡探訪記 ?横濱驛移設変転史編?
六本木の地域
横浜
六本木への旅行者
横浜臨海公園
六本木の旅行時期
2009/03/~" . 2009/07/
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

東海道本線歴史的痕跡探訪記 ?横濱驛移設変転史編?

明治5年(1872年)7月11日に品川-横濱間が鉄道仮開業以来、現在に至るまで、横浜駅はその位置を必要応じ3回移設移動した。 即ち、開業当初の横浜駅は現在の桜木町駅前広場付近に所在した事は広く知られているが、2代目横浜駅が旧東急東横線高島町駅付近に存在していた史実は、横浜市民と言えども、既に忘却されているのが現実である。 明治20年(1887年)7月11日に初代横濱駅から西に國府津まで路線が延長されたが、当時と言えど横濱駅の頭端式スイッチバック構造では運転扱上不便この上も無く、常に滞貨の山に悩まされる状態だったが、間も無く日清戦争勃発(明治27年(1894年)7月)と共に軍専用列車運転目的の為に陸軍省は同年9月に初代横濱駅を無視し短路線建設する事で輸送の効率化を謀る。 此れが現路線の原形である。 後に、廃止された神奈川駅から平沼町付近を経由して程ヶ谷(現 保土ヶ谷)に至る新線は陸軍省の依頼で逓信省鉄道作業局が工事を代施工し、同年12月下旬に竣工した。 翌年、日清戦争が終結し短路線は遊休施設化していたが、明治29年(1896年)に陸軍省から逓信省鉄道作業局に対し施設一切を移管し、明治31年(1898年)8月1日から営業運転が開始され、此れ以来、主要長距離列車は初代横濱駅を経由せず短路線を直行する。 短路線上に平沼(ひらぬま)駅が開設されたのは明治34年(1901年)10月10日で、当時の平沼は埋立後の葦繁る湿地帯上に在り人家も稀で夜ともなると漆黒の世界で時折追剥も出現する不穏な地であり、利便性から横濱市民は長距離列車は従来通り神奈川駅から乗車し、明治45年(1912年)6月に新橋-馬関(現 下関)間に運転開始された我が国最初の特別急行列車も横濱駅には入線せず神奈川駅に停車した。 大正3年(1914年)12月19日、当時の鐵道院は平行す京濱電気軌道に対抗すべく品川-横濱間を複々線化し品川-高島町間各駅停車列車の線路を直流1200V電化工事を施工し、神奈川-櫻木町駅間に高島町(たかしまちょう)駅を開設し翌20日より都市間用高速電車を投入し運転開始したが、試運転も無に均し状態で、いきなり開業本番を迎えた為にトラブル続きで電車運行に支障を来たす深刻な状態となり、已む無く同年12月26日に電車運転を一時中止したが、此の高島町駅こそ2代目横濱駅の嚆矢の存在である。 大正4年(1915年)5月10日から京濱線電車運転が復活し、同年8月15日に横浜市民の便を考慮して高島町駅にルネッサンス様式煉瓦造3階建の壮麗な建築物と共に開業したのが2代目横濱駅で設計者は東京駅や萬世橋駅と同じく辰野金吾(たつの きんご)(嘉永7年(1854年)10月13日?大正8年(1919年)3月25日)博士が担当した。 2代目横濱駅は1階に出札口と各等待合室が設置され2階に改札口を設置して跨線橋で東海道本線と京濱線各ホームと連絡する現在で言ふ橋上駅構造で当時としては画期的且つ大胆な構造だったが、反面真夏ともなると通風が悪く冷房も無い時代故に、駅全体が蒸し風呂状態だったとの古老の回顧も仄聞している。 櫻木町所在時代同様、駅構内では現在も桜木町駅構内で営業する川村屋(かわむらや)がレストランを営業し、浜っ子は市電や人力車で早めに駅に到着し待ち時間を川村屋で食事を済ませ列車に乗り込むと言ふスティタスを確立させていた。 また、同年12月30日に高島から程ヶ谷(現 保土ヶ谷)への貨物専用線が開通したが、駅前を高架線の縦貫構造で昭和4年(1929年)9月16日に廃止されるまで訪横者の目には煉瓦建築物の目の前に高架線が存在し威勢良く黒煙を吐き轟音を立てて走り抜ける蒸気機関車が貨物列車を牽き行き来する姿を目にし奇異ぶりを感じたに相違無かったと思われる。 但し、2代目横濱駅開業と同時に神奈川-程ヶ谷間短路線と平沼駅は廃止される。 2代目横濱駅開業に拠り石崎川を挟んだ駅本屋裏側は何も無い葦そよぐ湿地帯だったが次第に商業地としての形態が整備され平沼商店街(ひらぬま しょうてんがい)が形成さるに至ったが、関東大震災に伴う再開発で駅移転が決定的致命傷となり、現在ではすっかり衰退してしまったが、此の点では、大都市中心部に所在しながら栄枯衰退著しい例として、東京萬世橋駅や大阪湊町駅や片町駅所在地付近に共通する事例と云える。 櫻木町から高島町に駅が移転開業した際に当時の鐵道院が横濱(高島町)-櫻木町駅間の旅客営業廃止を検討していた事は当時の資料を検討する限り事実だったと考えられる。 然るに、当時の横濱駅は市内への入口拠点として駅前から市内中心部に対し市電が開業して輸送を独占状態であり、鐵道院は都市間輸送たるインターバン輸送を主とする指向であれば良く、サバー輸送たる短区間輸送を行う必然性は何ら見出し得なかったものと思われる。 即ち、2代目横濱駅開業と同時に横濱(高島町)-櫻木町駅間の旅客営業形態を現代人の我々から見て極めて驚異に感じるが、朝夕4往復のみの運行に限定した事からも鐵道院の真意の一端が読み取れる。 4ヶ月後の12月30日になり櫻木町駅まで電化区間が延長され電車運転を開始したが、それとて旅客営業継続を積極的根拠が存在したとは傍証に乏しい。 他方、大正7年(1918年)4月1日に横濱-櫻木町駅間の高架化工事が竣工し当時の痕跡は現在でも散見される。 死児の年齢を数えるの例えでは無いが、若し、関東大震災の如き予想外の事態無くば現在でも横浜駅は高島町に設置されていた公算が高かったものと推定される。 更に、平沼商店街は伊勢佐木町や元町と並ぶ横浜屈指の高級志向商店街に発展した可能性が高かったと思われる。 然し、関東大震災で2代目横浜駅は損壊被害こそ免れたが、北港町に所在した米ライシング・サン石油会社所有のタンクが震害で破損しタンク内の石油に引火炎上しながら帷子川周辺流域家屋を延焼させながら同日14時30分頃横濱駅本屋に引火全焼し駅機能が一時的に壊滅する。 震災復興計画の一環として最大懸案事項として当時の内務省建設局は高島町から平沼町浅間下に抜ける新規道路建設(現在の県道横浜生田線)が計画され道路建設上に駅本屋が存在し支障する為に当時の鐵道省に対し2代目横濱駅の撤去移転を打診する。 帝都復興院は神奈川-櫻木町間の旅客営業廃止を前提とする高架線撤去をも横濱市に打診した。 然し、当時の渡邉勝三郎(わたなべ かつさぶろう(明治5年(1872年)2月12日?昭和15年(1940年)9月25日)第9代横濱市長(大正11年(1922年)11月29日?大正14年(1925年)4月10日在任)は、 横濱ノ現状ニ鑑ミ到底納得デキス受入難シ として帝都復興院や鐵道省に対し強硬に拒否姿勢を見せ、代案として北港町の米ライディングサン石油会社所有地を横濱市が買上げ此処に新停車場設置を要求した。 此の辺の経緯に就いて国会図書館憲政資料室が保存する当時の内務省対横浜市間交換公文書綴を仔細に検証すると緊迫した遣り取りが伝わる。 当時鉄道の復旧工事は最優先で進められ、全損し一番被害が酷い馬入川橋梁ですら9月6日工事着手にも拘らず、神奈川-櫻木町間の復旧工事開始が12月5日着工を見ても、鐵道省が路線廃止に積極的意思を有するのは明白な事実と見るべきである。 横濱市議会と共に横濱市復興会も駅移転に関し全面的に反対し移転賛成要件として、 1)市の脊髄に相当する桜木町通と直線部を位置にする。 2)平沼町は一辺に偏し市の将来の為に海岸位置が効果大。 と結論付けていた。 結局、横濱市の要求が受容れられ、新駅設置まで高島町の現駅で営業後に北幸町付近に移転する事で合意する旨、大正13年(1924年)2月6日附答申に見られる。 因みに、最近公刊された2代目横浜駅に関する最新文献に於ける記述中、横浜駅が高島町から現在位置に移転した最大理由として、駅構内を国道が直角に交差し常に踏切が閉じていた事に拠り横濱市民をして監督官庁たる鐵道省に対する不満反発が存在し遠因だったと称する記述に就いて、然し、実際に該道路、即ち、現在の横浜生田線竣工は横浜駅が現在地に移転後の昭和4年(1929年)1月であり、該論と日時に対する整合性が合わず矛盾する。 震災発生当時は道路自体が存在せず、故に、該記述に関する限り史実に反し亦事実無根である。 かくて、横濱-櫻木町間は存続が決定し昭和39年(1964年)5月19日に桜木町-磯子間が開通し横浜-桜木町間を含め 根岸(ねぎし)線 に分離編入されるまで東海道本線支線として存続する。 紆余曲折しつつ、現在地に昭和2年(1927年)5月24日着工し翌昭和3年(1928年)10月15日に竣工移転したのが3代目横濱駅となる。 京濱線は昭和5年(1930年)1月26日に3代目横濱駅構内から旧高島町に至る連絡線が竣工開通し、此れを以って戦前に於ける鐵道省横濱地区所管路線網が完成する。 然るに、3代目横濱駅開業に伴い、即ち、2代目横濱駅所在地たる現在の西区高島町一帯の衰退をもたらし、同じく、神奈川駅廃止は神奈川区青木橋地区一帯の凋落の原因となる。 尚、本旅行記使用の歴史的写真資料は断り無きものは全部横浜臨海公園個人所蔵品。 表紙は第、 第2代目横濱駅本屋絵葉書 横浜臨海公園 蔵 東海道本線歴史的痕跡探訪記 ?東京-濱松町間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10701644 ?東京驛編? ?汐留-濱松町-品川間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10797199 ?品川-川崎間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10502858 ?川崎-横濱間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10711843 ?横濱駅移設変転史編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10316826 ?横濱-大船間編 明治頌歌? ?大船-平塚間編 明治頌歌? ?平塚-國府津間編 明治頌歌? ?國府津-根府川間編? http://4travel.jp/travelogue/10298330 ?根府川-熱海編? http://4travel.jp/travelogue/10310352 ?丹那隧道完成秘話 丹那隧道碑文から読み取れし或る歴史的事実? http://4travel.jp/travelogue/10291350 ?丹那隧道完成秘話 三島口建設工事鉄道線探訪記? http://4travel.jp/travelogue/10575630 ?熱海-沼津間編? ?沼津駅驛編? http://4travel.jp/travelogue/10294787 ?沼津港線編? http://4travel.jp/travelogue/10621891 ?沼津-富士間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10623829 ?富士-興津間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10625542 ?興津-静岡間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10859308 ?静岡-島田間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10855589 ?島田-掛川間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10858139 ?掛川-濱松間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10858815 ?濱松-豊橋間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10858508 ?豊橋-岡崎間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10870287 ?岡崎-大府間編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/10898135 ?大府-名古屋-尾張一宮間編 明治頌歌? https://4travel.jp/travelogue/10898177 ?名古屋驛編? ?尾張一宮-岐阜-大垣間編 明治頌歌? https://4travel.jp/travelogue/10990946 ?美濃赤坂支線編? ?大垣-垂井-関ケ原間編 明治頌歌? ?大垣-新垂井-関ケ原間編? ?関ケ原-米原間編 明治頌歌? ?関ケ原-深谷-長濱間(廃止線)編 明治頌歌? ?米原-能登川間編 明治頌歌? ?能登川-近江八幡間編 明治頌歌? ?近江八幡-草津間編 明治頌歌? ?草津-膳所間編 明治頌歌? ?膳所-濱大津間(廃止線)編 明治頌歌? http://4travel.jp/travelogue/11157145 ?膳所-稲荷-京都間(廃止線)編 明治頌歌? ?膳所-山科-京都間(現行線)編 大正浪漫? http://4travel.jp/travelogue/11157106 ?京都驛編 明治頌歌? ?京都-向日町間編 明治頌歌? ?向日町-高槻間編 明治頌歌? ?高槻-吹田間編 明治頌歌? ?吹田-淡路-大阪間(廃止線)編 明治頌歌? ?吹田-新大阪-大阪間(現行線)編 大正浪漫? ?大阪駅周辺編? ?大阪-西宮間編 明治頌歌? ?西宮-灘間編 明治頌歌? ?灘-神戸間編 大正浪漫?
六本木の写真
六本木の旅行記 2代目横浜駅本屋痕跡 マンション建設時...
六本木の写真
六本木の旅行記 2代目横浜駅本屋痕跡 関東大震災で全焼後、モル...
六本木の写真
六本木の旅行記 2代目横浜駅本屋痕跡 建築に使用された...
六本木の写真
六本木の旅行記 旧東急東横線高島町-桜木町駅間高架線跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 2代目横浜駅本屋痕跡 横濱駅本屋は関東大震災で...
六本木の写真
六本木の旅行記 2代目横浜駅本屋痕跡 明治期から昭和初...
六本木の写真
六本木の旅行記 2代目横浜駅本屋痕跡 英国積煉瓦 煉...
六本木の写真
六本木の旅行記 2代目横浜駅本屋痕跡 関東大震災で被災...
六本木の写真
六本木の旅行記 2代目横浜駅本屋痕跡 関東大震災で横浜駅本屋と...
六本木の写真
六本木の旅行記 旧鐵道院京濱線高架橋跡 上記絵葉書と同...
六本木の写真
六本木の旅行記 旧鉄道院京濱線高架橋跡 橋台が道路と線...
六本木の写真
六本木の旅行記 旧鐵道院京濱線高架橋跡 尚、京濱線が現...
六本木の写真
六本木の旅行記 第2代目横浜駅跡 現在の高島町交差点付近 高島...
六本木の写真
六本木の旅行記 旧東海道本線路線敷跡 明治5年(187...
六本木の写真
六本木の旅行記 東急東横線高島町駅跡 昭和6年(193...
六本木の写真
六本木の旅行記 京浜急行電鉄旧平沼駅跡 コンクリート表面に僅か...
六本木の写真
六本木の旅行記 京浜急行電鉄旧平沼駅跡 高島町界隈に於...
六本木の写真
六本木の旅行記 東海道本線神奈川駅跡 明治5年(187...
六本木の写真
六本木の旅行記 旧東海道本線線路敷跡 旧内海川橋梁跡(きゅう ...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜駅付近案内図 道路化した線路跡 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 旧東海道本線線路敷跡 写真中央道路が昭和3年(...
六本木の写真
六本木の旅行記 旧東海道本線路線敷跡 帷子川万里橋 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 東海道本線神奈川駅跡 写真中央に見えるスペース...
六本木の写真
六本木の旅行記 東海道本線神奈川駅跡 大東亜戦争中に金...
六本木の写真
六本木の旅行記 東海道本線神奈川駅跡 旧神奈川駅前通り...
六本木の写真
六本木の旅行記 第2代目横濱駅本屋 第2代目横濱駅本屋...
六本木の写真
六本木の旅行記 第2代目横濱駅本屋 京浜東北線の始祖 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 神奈川貿易新報社地図 図面から高島町に...
六本木の写真
六本木の旅行記 初代横濱駅本屋 外観 正面構図と背景...
六本木の写真
六本木の旅行記 第3代目横濱駅本屋 現在の横浜駅位置に...
六本木の写真
六本木の旅行記 第2代目横濱駅本屋 停車中のデハ634...
六本木の写真
六本木の旅行記 第2代目横濱駅本屋と京濱線電車 横濱駅...
六本木の写真
六本木の旅行記 鐵道院京濱高架橋 京濱線電車と横濱市電...
六本木の写真
六本木の旅行記 旧鐵道院京濱線高架橋跡 横面 横...
六本木の写真
六本木の旅行記 鐵道院京濱線高架橋 当時の京濱線電車と...
六本木の写真
六本木の旅行記 第2代目横濱駅本屋と京濱線電車 横濱-...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜-桜木町駅間 前項写真と同一箇所で...
六本木の写真
六本木の旅行記 旧鐵道院京濱線高架橋跡 浮浪者立入防止...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜-桜木町駅間 内田町第2架道橋(う...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜-桜木町駅間 内田町第2架道橋 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜-桜木町駅間 内田町第2架道橋橋台...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜-桜木町駅間 内田町第2架道橋 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜-桜木町駅間 内田町第2架道橋 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜-桜木町駅間 内田町第2架道橋 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜-桜木町駅間 内田町第2架道橋 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 東海道本線神奈川駅跡 昭和3年(192...
六本木の写真
六本木の旅行記 第2代横濱駅前 横浜駅本屋3階から駅前...
六本木の写真
六本木の旅行記 東海道本線神奈川駅 神奈川駅前 駅前...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜駅 関東大震災発生直後 横浜市民...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜-桜木町間 第2帷子川橋梁(だいに かたび...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜-桜木町間 第2帷子川橋梁 中央橋桁はプレ...
六本木の写真
六本木の旅行記 旧東海道本線線路敷跡 横浜市西区高島2-14-...
六本木の写真
六本木の旅行記 旧東海道本線路線敷跡 横浜市西区高島2-19-...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜-桜木町間 第1高島架道橋(だいいち たか...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜-桜木町間 第2高島架道橋(だいに たかし...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜-桜木町間 第2高島架道橋 奥が第2...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜-桜木町間 根岸線高架 該区間のみ石積構造...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜-桜木町間 根岸線高架 該区間からラーメン...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜-桜木町間 第4高島架道橋(だいよん たか...
六本木の写真
六本木の旅行記 横浜-桜木町間 第4高島架道橋 道路...
六本木の写真
六本木の旅行記 東神奈川-横浜間 青木橋(あおきばし) 東京都品...
六本木の写真
六本木の旅行記 旧東海道本線線路敷跡 内海川月見橋(つ...
六本木の写真
六本木の旅行記 東神奈川-横浜間 右側から 京急本線下り線 京...
六本木の写真
六本木の旅行記 東神奈川-横浜間 横浜駅が現在地に移転するまで...
六本木の旅行記
知念・玉城・八重瀬 ,百名伽藍 HYAKUNA  GARAN  OKINAWA エグゼグティブスイート 宿泊記 南城市 新原(にいばる)ビーチ・百名ビーチ 琉球の歴史と文化を探る旅
六本木の地域
知念・玉城・八重瀬
六本木への旅行者
まるくん
六本木の旅行時期
2017/07/08~" . 2017/07/11
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

百名伽藍 HYAKUNA GARAN OKINAWA エグゼグティブスイート 宿泊記 南城市 新原(にいばる)ビーチ・百名ビーチ 琉球の歴史と文化を探る旅

本日、宿で浸ったBGM 細野晴臣&yellow magic band 「paraiso」1978年 ♪四面道歌 ♪安里屋ユンタ ♪ウォリー・ビーズ 細野晴臣の“トロピカル三部作"の完結編となった78年の通算4作目のスタジオ・アルバム『はらいそ PARAISO』 レイモンド服部 作のオリエンタル・エキゾ・クラシックス「JAPANESE RHUMBA」やWANDA JACKSON「FUJIYAMA MAMA」などのカヴァーをはじめ、カリプソ、ニューオーリンズ、ハワイアン、沖縄ミュージックなど様々なジャンルの音楽をごた混ぜにした“チャンキー・ミュージック"の決定盤. 坂本龍一、高橋幸宏、大貫妙子、鈴木茂、かまやつひろし、佐藤博、斉藤ノブ、浜口茂、あがた森魚など錚々たるミュージシャンが参加し、この後結成されるY.M.O.への布石となった歴史的名盤!! 日中めいいっぱい輝きを放ったいたずらな太陽が日没支度をはじめる時刻、百名伽藍の天空露天風呂「方丈庵一休庵」でこの旅記録を書き綴っている。   珊瑚礁を乗り越え漣が重なるように潮がどんどん満ちてきている。 今夜が満月らしい――――。 昨日までの人気リゾートがきらめく中部北部の西海岸ではなく、琉球の歴史文化が色濃い南部東海岸にいる。 熱狂的なパーティー、祭りのあと、南国気分の浮かれポンチなオツムを冷やすのにもってこいのひっそりおこもり感。 今日のお宿は百名伽藍。 百名伽藍なんて、名前くらいはどっかで聞いたことあったっけ?程度の知識しかなく、那覇から比較的近いのと、ある理由から楽天でエイヤッポチッと速攻で決めた。   ―――宿に着いたのが午後4時過ぎ。    ちょうど最大の引き潮の遠浅の時間帯で、フロント前から眺めた百名ビーチや新原ビーチにつづく海岸は珊瑚がところどころむき出しで地球外の星にいるような錯覚にとらわれる。 でもここは地球、ところどころで岩礁、珊瑚にのっかり釣竿を垂れるひとをみかけた。 その海を眺めるテラス席でチェックインをすまし、ウェルカムドリンクのオリオンビールを啜り、部屋に案内されたあと早々に館内をお散歩。 この宿は沖縄南部東海岸線の道路沿い岸壁に沿って建つ。琉球最大の聖地久高島を望み、琉球創世神話の舞台として知られる神秘の地に佇む山を背に、眼下に広がる海からは日の出と日の入りを体感できる。 沖縄は明らかに大平洋プレートやフィリピンプレートなどの衝突や火山島の連続的衝突から成った日本列島の生い立ちと異なる大地の記憶を体感できる。 沖縄諸島には東南アジア、インド洋を経て遠いアフリカ大陸からの薫が海に谷に山に残る。 それは、宿へ向かう前歩いたガンガラーの谷での浮遊感覚に基づく、地層や化石の記憶がまざまざと蘇る記憶の古層。 地球の生い立ちの歴史を紐解けば、ここは沖縄でも琉球ですらないことに。 到着時、地下の専用駐車場で待ち受けたスタッフにエレベーターで3階に案内され大きな窓越しにこれまた大きな石仏3体を眺めながらテラスのあるフロントへ。回廊を巡らせた館内は、巨木のガジュマルが生い茂る吹き抜けの中庭を設け、光と影と風の織りなす静謐な世界へと誘う。 崖沿いに建てられたフロントがある3階から回廊を渡り、本館と西館をつなぐ中庭。ガジュマルの大木3本聳える中庭の階段を昇降しても誰とも会わない。スタッフの気配もどこにもない。 館内は、巨大なガジュマルが生い茂る中庭を始め、洞窟(ガマ)に佇む高さ7メートル余りもの石仏3体、ほかギャラリーの回廊やライブラリー、そして海に面した室内のおこもり感があるので、おそらく誰も利用しないであろう広々とした座禅を組むためだけの広々とした和室、禅の間がある。 1階の西入り口から部屋から眺めるプライベートビーチに出られる。 海と山が広がる岬の先端に位置し、自然との融合を目指し、赤瓦や琉球石灰岩・チャーギなど沖縄の素材を用いた和琉様式の造り。エステサロンはあるがプールがあるわけでもなく、設備は他のホテルなどと比べ限られているが、全体の空間が圧倒的に広い。 和琉様式ともいうべき造りでホテルと高級旅館の中間のようなしつらえ。 お散歩も済んだらあとは露天風呂へ行く以外は部屋でおこもりだ。 部屋はひとりで十分過ぎる14ある一般部屋を選んだが、そこんじょそこらのホテルのスイート並みだ。間取りの広い玄関から靴を脱ぎバリアフリーのライン。右手突き当たりは坪庭のような空間があり、その手前に広々としたトイレ。玄関から延長線にゆったりした書斎机があり、真向かいにコーヒースタンドや冷蔵庫など。 入り口から壁に隠れたかたちでベッド空間があり、今度はそのライン上にソファやディベッドで寛ぐスペース、そのまた延長線にバルコニー。ベッドの真横にも小さなバルコニーがある。 家族でバーベキューでも十分できそうな間取りの広いバルコニーの半分はバスフロア。5階の6つある露天風呂を利用しなくてもこの室内風呂でも十分海と風を感じながら疲れを癒すことができる。 これまで宿泊したホテルの部屋のなかでもっとも機能にすぐれ、抜群の快適さを感じる部屋だった。 このようなおこもり感の余韻が残る宿泊施設はそうそう見当たらない。 なかでも一番お気に入りだったのはバルコニー。 亜熱帯モンスーン気候独特の海からの生暖かい風から、ときたまさわやかな風が吹き込んでくる。 さまざまな鳥はもちろん、さまざまな虫たちもときたま来客となる。 しつらえは申し分ない。私が口うるさいサービスはどうか。 全体として、サービススタッフは恩名や読谷のリゾートホテルのような親しみやすく温かみあるホスピタリティはないけれど、物静かな心地よさがあった。 まだオープンして5年、若いスタッフが多く慣れた感じはしないが、十分教育され育っている資質は垣間見えてくる。ひとりひとりのホスピタリティもある程度備わっている。 実はあるひとりの女性スタッフを前もって知っており、今回この宿を選んだ大きな要因でもあるし、ぜひ会いたいと切望していたが、チェックイン時からはじまり夕食時にもみかけず、尋ねると「彼女は最近シフトが変わってランチ勤務が主になった」と教えてもらった。その時間帯だと会えないので残念がっていたが、ダイニング甘露の間で朝食を終え退席しようとしたとき、記憶にある姿をちらりみかけた。でも他の客の配膳を終えるとすぐ奥に引っ込んでしまい、若い男性スタッフに名前を尋ねたらたしかに彼女だった。 残念がっていると、スタッフは気を遣い、わざわざ彼女を呼び出してくれた。 彼女と対面したとき、恋人と再会したような嬉しさがこみ上げ、彼女もそれに合わせたかのように優しく穏やかに接してくださった。 だからというわけじゃないけれど、私が思い描いていたあらゆる業種のサービススタッフのなかでも、これまで出会ったひとたちのなかでも、わずか二言三言言葉を交わしただけだが、彼女がやはり一番優れている愛おしいと思っている。 百名伽藍。 この先世界を股にかける気概もとうに失せ、物理的経済的余裕ももちろんない身である。 それでも、また、再訪する(したい、ではない)場所があらたに加わった。 「あのときの恋人に会いたい」 そう思えるような――――。 沖縄本島南部の夏の夜の帳が降りるのは遅くゆったり訪れる。 今夜は満月だ――――。
六本木の旅行記
五島列島 ,美しき五島列島 ◇ 珠玉の教会めぐり ≪後編≫ 世界遺産の島は,電気自動車でエコドライブ♪
六本木の地域
五島列島
六本木への旅行者
コージ☆
六本木の旅行時期
2016/03/19~" . 2016/03/21
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

美しき五島列島 ◇ 珠玉の教会めぐり ≪後編≫ 世界遺産の島は,電気自動車でエコドライブ♪

五島列島2日目は,電気自動車を借りて福江島の教会を4つ,お寺1つ,神社を3つ4つ訪れるという節操のなさ! 3日目は,武家屋敷など五島藩(福江藩)の歴史に触れました 今回の旅行記は,2日目と3日目です 【行程】 ◇1日目…羽田⇒長崎⇒五島福江空港着 午後から「キリシタンクルーズ」で久賀島(旧五輪教会)・奈留島(江上天主堂)・若松島(キリシタン洞窟)・中通島(高井旅教会・福見教会)など ※ 旅行記≪前編≫ http://4travel.jp/travelogue/11114305 ◆2日目…福江島内めぐり(堂崎教会・水ノ浦教会・楠原教会・城岳展望所・鬼岳・明星院・石田城跡・福江教会など) ◆3日目…武家屋敷通り・歴史資料館など見学後,長崎経由帰京
六本木の写真
六本木の旅行記 さて,島内めぐりスタート 前日に通りかかった際...
六本木の写真
六本木の旅行記 陸地を見ると,泊まったホテルと,その奥に夕食しに行っ...
六本木の写真
六本木の旅行記 道中,気心知れた漁師のおっちゃんらのようで,どこか微...
六本木の写真
六本木の旅行記 朝食後は,散歩~ 初日から気になっていたんです...
六本木の写真
六本木の旅行記 写真左)右の小さいメーターは,どうやら走行可能距離の...
六本木の写真
六本木の旅行記 2日目スタート! このホテルの朝食は,和or洋...
六本木の写真
六本木の旅行記 先っちょに着いたら,なんか立ってる 鳥居は,や...
六本木の写真
六本木の旅行記 車種は,三菱のガソリン車「アイ」の電気版のよう ...
六本木の写真
六本木の旅行記 店のおネエさんが乗り方を説明してくれたんですが,「こ...
六本木の写真
六本木の旅行記 電気自動車でGO! エンジン音がしないけど,ちゃん...
六本木の写真
六本木の旅行記 左の小窓が受付で,入館料300円です 教会だけ...
六本木の写真
六本木の旅行記 堂々たる外観! それもそのはず,明治以降,五島...
六本木の写真
六本木の旅行記 この方「聖ヨハネ五島」さん 1597年受難とい...
六本木の写真
六本木の旅行記 教会正面に向かって右手が山になっていますが,その中腹...
六本木の写真
六本木の旅行記 海辺の気持ちいいところに立っています 右下の2...
六本木の写真
六本木の旅行記 駐車場からは2・3分歩きます 湾のようになった...
六本木の写真
六本木の旅行記 目の前は海で,春の花々がきれいなところなので,一日の...
六本木の写真
六本木の旅行記 この教会のステンドグラスはシンプルだけどかわいかった...
六本木の写真
六本木の旅行記 「民俗資料館」とあったので,入ってみることに ...
六本木の写真
六本木の旅行記 おさなごイエス様から鹿の剥製だとか,ガラクタ市かぁ?...
六本木の写真
六本木の旅行記 お化け屋敷かよっ! 障子の向こうに何もいなかったの...
六本木の写真
六本木の旅行記 「水ノ浦教会」に着きました まさに貴婦人!洗練...
六本木の写真
六本木の旅行記 そーっと入ってみると誰も居ない 今日は日曜日だけど...
六本木の写真
六本木の旅行記 ステンドグラスは長くて,欧米の教会と同じよう ...
六本木の写真
六本木の旅行記 丘の上からの景色がいいです それにしても,この...
六本木の写真
六本木の旅行記 30分以上走って「岐宿」という地区に着きました (...
六本木の写真
六本木の旅行記 裏手の丘に登ってみました 白い壁に瓦ぶきって,...
六本木の写真
六本木の旅行記 教会の裏手の丘にはお墓 そういえば,昨晩の「と...
六本木の写真
六本木の旅行記 教会の正面から左手には,「ルルドの泉」が再現されてま...
六本木の写真
六本木の旅行記 ステンドグラスを間近で見てみると,「いいねー,でこぼ...
六本木の写真
六本木の旅行記 シンプルだけど,ステキですね~
六本木の写真
六本木の旅行記 信徒さんの“マイ・スリッパ”がありました そう...
六本木の写真
六本木の旅行記 堂崎教会を後にして,山道や海沿いの道を走ります ...
六本木の写真
六本木の旅行記 途中,鳥居があったので立ち寄りました 「夕日観...
六本木の写真
六本木の旅行記 10分ほどで,「楠原教会」です 道路沿いから見...
六本木の写真
六本木の旅行記 中に入ってみると,やっぱり誰もいない… 重厚な...
六本木の写真
六本木の旅行記 しかも,内陣のステンドグラスが素晴らしい!このブルー...
六本木の写真
六本木の旅行記 誰も居ないので,堂内をウロウロしてると なるほ...
六本木の写真
六本木の旅行記 教会の裏手に周ってみると,聖母子像が,これまた素晴ら...
六本木の写真
六本木の旅行記 教会の側面です 瓦屋根が不自然なようで,なじん...
六本木の写真
六本木の旅行記 ここにもルルドの泉がありました 何度も言います...
六本木の写真
六本木の旅行記 今朝から見学してきた3つの教会のスタンプ スタ...
六本木の写真
六本木の旅行記 さて,楠原教会を後にしようと駐車場を見ると,わたしの...
六本木の写真
六本木の旅行記 この教会の圧倒的な存在感にテンション上がって,微妙に...
六本木の写真
六本木の旅行記 さて,岐宿地区の海側にある「城岳展望所」に来ました ...
六本木の写真
六本木の旅行記 右手に黄色いじゅうたんが! 菜の花畑だろうけど...
六本木の写真
六本木の旅行記 その代わり,鬼岳という山の麓で菜の花!
六本木の写真
六本木の旅行記 五島福江空港の東側に「鬼岳」という,お椀を伏せたよう...
六本木の写真
六本木の旅行記 おっ,鬼岳の尾根までくると,五島福江空港が見える~ ...
六本木の写真
六本木の旅行記 上まで登ってみます 段ボールをお尻に敷いて,芝...
六本木の写真
六本木の旅行記 鬼岳の麓をぐるーっと周ってみると,春ですね~♪
六本木の写真
六本木の旅行記 ブラブラしてたら,小さな神社発見! 「五島列島...
六本木の写真
六本木の旅行記 楠原教会のすぐ近くに,「楠原牢屋」があります ...
六本木の写真
六本木の旅行記 このお寺に寄ったのは,この狩野派の天井画を見たかった...
六本木の写真
六本木の旅行記 お城の近くにあった,神社にお詣り 鳥居の柱が太...
六本木の写真
六本木の旅行記 鳥居をくぐると,驚いた! こんな様式の神社はじめて...
六本木の写真
六本木の旅行記 さらに驚愕の事実が! な,なんと!高校の正門がお城...
六本木の写真
六本木の旅行記 福江市街に戻ってクルマを返却 「充電が不便だし,長...
六本木の写真
六本木の旅行記 こんな高校はじめて見たー! お城の中に校舎が立って...
六本木の写真
六本木の旅行記 この城は,“日本最新”って聞いたとき,はぁ???と思...
六本木の写真
六本木の旅行記 神社の次は~,お寺! 朱塗りの橋を渡ると,明星...
六本木の写真
六本木の旅行記 寺伝では,弘法大師空海が遣唐使の帰路立ち寄った際に,...
六本木の写真
六本木の旅行記 まだ暗くならないので,街ブラを続けます この旅...
六本木の写真
六本木の旅行記 堂内は,夕陽を受けたステンドグラスが実に美しい~ ...
六本木の写真
六本木の旅行記 さて日も暮れたし夕食だー わたしが泊まったのは...
六本木の写真
六本木の旅行記 ふらっとエレベーターで上がると,一転して和風 ...
六本木の写真
六本木の旅行記 驚いたことに,個室に案内されました え?わたし...
六本木の写真
六本木の旅行記 左上は,アジのすり身揚げ 「当店では,とっても,ご...
六本木の写真
六本木の旅行記 全体的にモダンな感じで,ちょっと物足りない感がありま...
六本木の写真
六本木の旅行記 キリスト教会の「洋」,お寺と神社の「和」ときたら… ...
六本木の写真
六本木の旅行記 食う→寝る→食う 夕食の後は,いきなり最終日の...
六本木の写真
六本木の旅行記 石垣の上が実にユニーク! 丸石を積み重ねていて...
六本木の写真
六本木の旅行記 武家屋敷って,どこの街もいいねー 美しい上に,...
六本木の写真
六本木の旅行記 分かりやすい解説にナットク(っていうか,マンガですが...
六本木の写真
六本木の旅行記 ふるさと館では,五島名物「バラモン凧」作りが体験でき...
六本木の写真
六本木の旅行記 “ツバキ・アイランド”らしく,街の人?観光客?が描い...
六本木の写真
六本木の旅行記 歩いて武家屋敷通りをブラブラ 右)石垣と門付き...
六本木の写真
六本木の旅行記 武家屋敷通りにある“ふるさと館”に入ってみました ...
六本木の写真
六本木の旅行記 屋敷の瓦がなんと鶴と亀!縁起ものだね~
六本木の写真
六本木の旅行記 きれいに積み重ねてるところもあります それにし...
六本木の写真
六本木の旅行記 武家屋敷通りを後にして,きのうも来た石田城 「...
六本木の写真
六本木の旅行記 さて,武家屋敷二丁目2-7にある「松園邸」に来ました...
六本木の写真
六本木の旅行記 街歩きの最後は,天守ふうの歴史資料館へ 五島の...
六本木の写真
六本木の旅行記 そうしたら,「ここのは,マジで美味い!!」 出汁が...
六本木の写真
六本木の旅行記 これは!? カメ??カメが海の中から顔を上げた...
六本木の写真
六本木の旅行記 30分で長崎空港に到着 変な色したANAのヒコ...
六本木の写真
六本木の旅行記 プロペラ機で海へ向かってTAKE OFF! 五...
六本木の写真
六本木の旅行記 五島の旅の最後にいい味に出会って,気分良く「五島つば...
六本木の写真
六本木の旅行記 さて,お昼近くなったので,五島最後の食事は,やっぱり...
六本木の旅行記
ワルシャワ ,10月9日(2016年)「地下水道」のアンジェイ・ワイダ監督死去(砂布巾のLW 第6章その5) *付 加害者としてのポーランド人,シベリア孤児救済と阪神大震災(動画付) +ワルシャワの街並み,お寺大好きルルちゃん(動画)
六本木の地域
ワルシャワ
六本木への旅行者
砂布巾
六本木の旅行時期
2014/06/04~" . 2018/10/09
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

10月9日(2016年)「地下水道」のアンジェイ・ワイダ監督死去(砂布巾のLW 第6章その5) *付 加害者としてのポーランド人,シベリア孤児救済と阪神大震災(動画付) +ワルシャワの街並み,お寺大好きルルちゃん(動画)

1944年8月1日?10月2日 ソ連が見捨てたワルシャワ蜂起(ポーランド) (このページを訪問してくださった方へ)  ご訪問有難うございます。 もし読者の方が根本的間違い、編集の際に発生したと思われる不整合、文法上の誤りなどを発見されたり、何か目新しい情報をお持ちの方、ご意見がおありの場合は、ご遠慮なく掲示板でもメールでも、ご一報くだされば幸いです。  心からの感謝を込めて                          砂布巾
六本木の写真
六本木の旅行記 *砂布巾注 戦間期にポーランド首相を務めたピウスツキ...
六本木の写真
六本木の旅行記 *泊まったHotel Europejski   加...
六本木の写真
六本木の旅行記 *ホテルの部屋の中はこんな感じ
六本木の写真
六本木の旅行記 無名戦士の墓、旧市街スタレミアスト、
六本木の写真
六本木の旅行記 *再び無名戦士の墓
六本木の写真
六本木の旅行記 *衛兵交代
六本木の写真
六本木の旅行記 *王宮
六本木の写真
六本木の旅行記 もくじへ http://4travel.jp/tra...
六本木の写真
六本木の旅行記 *中央はポーランドの守り神シレナ  報復で徹底的に...
六本木の写真
六本木の旅行記 *バルバカン
六本木の写真
六本木の旅行記  ポーランドでもドイツは徐々に敗退し、ソ連軍がワルシ...
六本木の写真
六本木の旅行記  蜂起が始まるとソ連軍は進撃を停止して事態を傍観し、...
六本木の写真
六本木の旅行記  進撃を停止した謎を説くには、当時の政治情勢に留意し...
六本木の写真
六本木の旅行記  独ソ戦開始後の1941年7月30日、国境問題を棚上...
六本木の写真
六本木の旅行記  国内軍は軍事的にソ連と協力関係を築かず、イギリスと...
六本木の写真
六本木の旅行記  フランスが多大な犠牲を払いながらも解放を勝ち取って...
六本木の写真
六本木の旅行記 *大統領官邸のラジディウ宮殿
六本木の写真
六本木の旅行記 *新市街(ノヴェミアスト)と結んでいるフレタ通り
六本木の写真
六本木の旅行記 *蜂起記念碑からもほど近い場所にあるキュリー夫人生家...
六本木の写真
六本木の旅行記 *こちらのプレートにもポーランド人が処刑されたことを...
六本木の写真
六本木の旅行記  ここ1年来、蜂起やポーランド問題に一層興味を持つよ...
六本木の写真
六本木の旅行記  ワルシャワには1990年にクラクフからと、グダニス...
六本木の写真
六本木の旅行記 *蜂起開始当日のクラクフの町並み。ポーランド国旗が掲...
六本木の写真
六本木の旅行記 本間精一氏が「ポーランド未だ滅びず」(東洋出版)で紹...
六本木の写真
六本木の旅行記  本項目の主要参考文献である梅本浩志著「ワルシャワ蜂...
六本木の写真
六本木の旅行記 *多くの少年も主に通信兵として参加した(見学できなか...
六本木の写真
六本木の旅行記 2014/12/9付朝日新聞 「祖国に眠るショパンの...
六本木の写真
六本木の旅行記 *映画「地下水道」の一場面
六本木の写真
六本木の旅行記 *かつてはこんな所だったそうです(ワルシャワで購入し...
六本木の写真
六本木の旅行記 シベリア孤児救済と阪神大震災(日本)  長いことポー...
六本木の写真
六本木の旅行記  2002年夏、両陛下がポーランドを訪問した際、招待...
六本木の写真
六本木の旅行記 2016.8.2「ニッポンの出番」でも紹介
六本木の写真
六本木の旅行記 「世界ニッポン行きたい人応援団」 お寺大好きポーラン...

旅行のクチコミサイト フォートラベル
六本木  歴史・文化・芸術 の旅行記


アウトドア・スポーツ体験 /  イベント・祭り・花火 /  エンターテイメント・テーマパーク /  クルーズ /  グルメ /  ゴルフ /  ショッピング /  スポーツ観戦 /  ドライブ・ツーリング /  ビーチ・島・リゾート /  マリンスポーツ /  温泉・エステ・癒し /  家族・子連れ・バリアフリー /  花見・紅葉 /  寺社・札所めぐり /  自然・動物 /  出張 世界遺産・遺跡 /  鉄道・乗物 /  登山・ハイキング /  夜景 /  歴史・文化・芸術 /